イーロン・マスクの挑戦 ~人類を火星に移住させる

2018年7月31日、火星と地球が5759万キロメートルまで「大接近」します。火星の明るさは2018年6月下旬から9月上旬頃までマイナス2等を超え、観察しやすい時期が長く続きます。

火星がよく見えます。iPhoneのアプリの星座表を使って空に向けるとすぐどれが火星かわかりますよ!地球と火星が大接近してパンスペルミア説のなにかがわかるとおもしろいなぁー。

パンスペルミア説(パンスペルミアせつ、panspermia)は、生命の起源に関する仮説のひとつである。生命は宇宙に広く多く存在し、地球の生命の起源は地球ではなく他の天体で発生した微生物の芽胞が地球に到達したもの、とする説である。

人類は見ているだけではなく、そこにたどり着こうとしている。その鍵を握る人物がイーロンマスクである。この本はイーロンマスクの生い立ちやどのような事業を起こしているかが書いてある。火星移住計画以外も脳にPCをつなぐとか、高速リニアのハイパーループとかもう超ど級にヤバイ!!生きる伝説!


イーロン・マスクの挑戦 ~人類を火星に移住させる (別冊宝島 2232)