マウリッツ・コルネリス・エッシャー

Escher.jpg

マウリッツ・コルネリス・エッシャー(Maurits Cornelis Escher, 1898年6月17日 – 1972年3月27日)はウッドカット、リトグラフ、メゾティントなどの版画製作でよく知られたオランダの画家(版画家)である。建築不可能な構造物や、無限を有限のなかに閉じ込めたもの、平面を次々と変化するパターンで埋め尽くしたもの、など非常に独創的な作品を作り上げた。

その作品のバリエーションは、トロンプ・ルイユ(だまし絵)のような錯視を利用したものから、数学的・工学的なアプローチを使ったものまで幅広い。

というわけで今月の29日まで上野の森美術館でミラクルエッシャー展がやっているぞ!

生誕120年 イスラエル博物館所蔵
ミラクル エッシャー展 奇想版画家の謎を解く8つの鍵

http://www.escher.jp/

幾何学、数学、神、時間と空間、メビウスの輪、秘密結社な香りがしますこの方。フクロウとか目とか幾何学とか協会とかモチーフになっているものが多いです。

「エッシャー」の画像検索結果

「エッシャー」の画像検索結果