イルミナティカードの予言 Ver344  横領編

Embezzlementとは横領。他人・公共のものを不法に自分のものとすることである。

政治家は法律を武器に横領しているのではないかという不透明感がある。ちなみに政党交付金制度では、1件5万円以上の支出には使い道や支払先などを「使途等報告書」に示し、党本部や支部で領収書を保管(人件費、光熱水費、1件5万円未満の支出は領収書不要)するよう規定されている。

法律もシステムも官僚と政治家が忖度する時代。やりたい放題。そして国民は無関心。
証拠をつかんでも内閣が倒れないのはもう理解の限界をすでに超えている。
改竄されても、まじりっけなく不正選挙はないと思っている。
疑念すら抱かない人間はすでにサバイブする力がない。
この国は自浄作用が効いていない。落ちるところまで落ちるであろう。

そういうものが積もり積もってデカい山場がいろいろ迫っている気がする。
そんな中その準備はできているか?平穏から混沌は一瞬で切り替わる。
混沌が始まれば、人間は社会的地位や年収で決まらない、生き方やサバイブ力だ。
原初にそういうものを備えてない人間は駄目である。
常に無関心な人間にはとてつもないものがやってくるだろう。
備えは常に!!
世の中が崩壊した場合も想定し、生きるとはなんなのか考えてもらいたい。
自分は現在ミニマリストとして断捨離中。

自分は預言者でもなんでもないが、すぐ近くまで危険が迫っている気がする。
地震も要チェック。経済も。

コメント

  1. Bestcustomessay より:

    vybzscope, thanks a lot for the article post.Much thanks again. Fantastic.