イルミナティカードの予言 Ver339 ビッグフッド編

ビッグフットは、アメリカ合衆国・カナダのロッキー山脈一帯で目撃されるUMA、または同種のUMAの総称である。先住民の間に伝わるサスクワッチ、サスカッチと同一視される場合もある。

身長は2 – 3m、体重は200 – 350kg。二足歩行し、歩幅は1 – 1.5m。足跡は大きなもので約47cm。筋骨隆々で、全身に褐色または灰色の毛が密生している。 顔には毛が生えておらず、鼻が低く、目が落ち窪んでいる。強烈な体臭を放つとされる。

「猿人やギガントピテクスの生き残り」などの説が挙げられているが、実在についてはアマチュア・学界問わず、長年の論争がある。アメリカでは広範囲にわたってビッグフットの足跡が報告されており、その石膏型は膨大な数に上っている。学会での高名なビッグフット実在論者には、アイダホ州立大学の解剖学・人類学准教授のジェフリー・メルドラムがいる。メルドラムはビッグフットについて、「私は科学的な証拠によって、この未確認生物が実在していることを確信しています」と述べている。否定派の意見としては「北アメリカに生息するハイイログマの誤認」や「狂言」ではないかとの見解が多数を占めている。猿人説にしても、北アメリカに猿人が渡ってきた化石証拠はなく、説としては論拠が乏しい。

1840年、ワシントン州スポケーンの白人宣教師が、アメリカ・インディアンの間に伝わる「毛深い巨人」についての話を記録している。その巨人はサケを盗み、強烈な臭いを残して去っていくとされる。カナダ西海岸部のインディアン部族は同様の生物をサスクワッチサスカッチSasquatch)などと呼んで、現在でも聖なる生き物としている。しかし、それが近年目撃されているUMAとしてのビッグフットと同一のものを指すのかは不明である。「サスクワッチ(サスカッチ)」はコウィチャン族、またはチェハリス族の呼び名で、その意味については諸説あり、ウェンディゴとの関連を指摘する説もある。サリシ族による呼び名の「Sacsquec」は「人に似た動物」という意味である

「汎発性多毛症」は、遺伝子の突然変異によって額やまぶたといった通常では毛が生えない部分から毛が生える稀な病気です。テキサス州で見つかったビッグフットの頭髪とされるものが、実は普通の人間のものにすぎなかったのだ。

関連画像

だが「アヌンナキによる遺伝子操作がなかったならば、地球人類はみな、『ビッグフット(イエティ)』になってたんですよ」とバシャールが言っている。

サスクワッチは、自然な形で進化してきたため、自然(nature)と親密なつながりを持っています。人間にももともと備わってはいるものの(遺伝子の操作を受けたため)忘れられてしまった様々な能力・技術を、サスクワッチは発達させることができました。
サスクワッチは、次元と次元の間を移動できる能力・技術を持っています。次元と次元の間を移動できる状態になることができるのです。
パラレルリアリティとパラレル・リアリティの間を(異なる次元の間を)移動することができるのです。
なので、サスクワッチを発見することは難しいのです。彼らが見つけられたくないと思っているときには、見つけることができないのかもしれません。
また話は少しずれるけど、遺伝子組み換え作物を回していけば、突然変異ミュータント数は比例していくことになるでしょう。自然の環のなかで変異が起こっていくことは自然の流れなのかもしれませんが、今現在、遺伝子組み換え食品が氾濫しています。ビッグヒストリーの中でなだらかに進化を遂げたのかもしれませんが、ここ何年間で人間の都合のよいように遺伝子を組み替え、それを摂取しているのです。それを今の政治は推し進めている。宇宙の環から外れていることのカルマは必ず人間の業として帰ってくることを忘れるな。