イルミナティカードの予言 Ver338 貯蓄貸付組合編

Saving and Loans 貯蓄貸付組合

貯蓄貸付組合(ちょちくかしつけくみあい、Savings and Loan Association; S&L)は、米国において、貯蓄と住宅ローンに特化した貯蓄金融機関の一業態である。同様の業態は住宅金融組合 (Building society) としてイギリス連邦でも見られるほか、各国に同様の業態が見られる(各国語版参照)。大抵は、協同組合組織で預金者と借主が同等に投票権を持ち、直接経営参加が可能である。ジョイント・ストック・カンパニー組織とし、株式公開も可能で、その場合はもちろん預金者と借り手の経営参加は不可能である。

1980年代に破綻が相次いだ業態で、この結果預金保険機関である連邦貯蓄貸付保険公社 (Federal Savings and Loan Insurance Corporation; FSLIC) が破綻し、それに代わって整理信託公社 (RTC) が設立された。その後、整理信託公社は連邦預金保険公社に業務を承継し清算されている。近い年代では、カリフォルニア州オレンジ郡の破綻も同様の事例である。

貯蓄貸付組合(S&L)は、米国において、個人貯蓄の受け入れと住宅ローンの提供に特化した貯蓄金融機関の一業態です。通常、協同組合組織で預金者と借主が同等に投票権を持ち、直接経営参加が可能となっています。株式会社組織に変え、株式を公開することも可能で、その場合はもちろん預金者と借り手の経営参加は不可能です。
貯蓄貸付組合という名称が付いたのは1920年代に入ってからで、それ以前は建築組合(Building Society)などと呼ばれ、日本における住宅専門の無尽のような存在でした。
1970年代までは、S&Lは住宅金融の第1市場において、すなわちモーゲージ・ローンの提供者として最大の地位を占めていました。それまで、商業銀行には預金金利が低く規制されていたのに対してS&Lは優遇されていたため、多額の預金を集め、それを住宅ローンに回すことができたからです。
しかし、1980年に金利の上限規制が撤廃されたため、急速に地位が低下、しかもインフレの進行により市場金利が跳ね上がったため、80年代に多くのS&Lが経営破たんに陥るという危機に見舞われました。
また、2008年9月には、サブプライム・ローン問題の影響でS&Lの最大手であるワシントン・ミューチュアルが破たんしました。

サブプライム

経済的信用度の低い層を対象としたアメリカの住宅ローン。 サブプライムとは優良(prime)より下(sub)という意味。 一般には、低所得・低信用者向けのローンとされるが、信用力以上の借入れで不動産投資を行う場合にもサブプライムローンが利用される。 通常の住宅ローンよりも審査基準が甘く、貸付利率の高いのが特徴。