イルミナティカードの予言 Ver336 ノーとは言い難いオファー編

An Offer You Cant Refuse

ゴッドファーザーでは、「脅す」フレーズが何度も出て来ましたが、
最後の方では、マイケル自身が、I’ll make him an offer he can’t refuse.
(断り切れない条件をだすから)というセリフがある。

「an offer you can't refuse」の画像検索結果

裏社会も表社会も常に交渉なわけです。交渉力、ディベート力。なわけですよ。

交渉事を飲む代わりに泥も一緒に飲ませ、逆に依頼をかけられたとき断れなくする。定石な一手。偏向報道する芸能人、政治家、御用学者みんなバビロンシステムにズブズブなわけであります。だから平気な顔して嘘をつく。

芸能界も政治事もみんな何処かに全員脛に傷があるもので、上からの命令には絶対逆らえないのです。飲むしかない。飲まなければ、今のポジションに残れないか、消される。ヒエラルキーや組織はこのようにできている。

よくあの人は実力あるからとか、無欲だから大丈夫信用できると人はいいますが、ピラミッドヒエラルキーは表側だけ見てわかるものじゃありません。裏側にはなにかちゃんと見えない人達が存在する。上の人間だけは知っているが、表に出てこないので世間一般にはわからない。表の社会でも上に行けば行くほど、裏の世界の人間を垣間見る。表向きに見える人も顔と名前ぐらい裏社会の人間の名前と顔を知らないと世渡りできないとよく耳にする。

芸能人は政府がスピンコントロールしたいときに芸能人を事務所が生贄を捧げる。普段は事務所の守りたい人間は金を積んでもみ消せる。金になる芸能人は守ってもらえる。基本的に。それか網掛けてほっておいて、政府に国民がフォーカスしているときに、ここぞとばかりに報道し本線を漁らせない。

ちなみにビジネスで交渉するやり方は

1:無料

2:保証

3:限定

をしょっぱなにぶち込もう!人の時間をもらうには機会損失感を与えてはいけない。人間はこれをいうと、とりあえず聞いてくれる。人間は損をしたくない生き物だ。