イルミナティカードの予言 Ver334 盗聴編

Phone Phreaks 電話のフレーキング(スラング)刷る人達、つまり電話のハッキング的盗聴的な意味。

電話システムを操作するための様々な音声周波数の使用を指す場合もある。

1950年代後半に始まりました。 その黄金時代は1960年代後半と1970年代初めにフレーキングが始まりました。青い箱、黒い箱、赤い箱と呼ばれる巧妙な小さな電子機器を作り、ネットワークを探索したり、無料で電話をかけたりできるようにしました。

ブルーボックスと呼ばれる電子音源は、将来のApple Inc.の共同創設者Steve JobsとSteve Wozniakを含む、フリークコミュニティの定番となった。

おそらく、最初のフリークの方法の1つはスイッチフックで、ロータリーダイヤルまたはキーパッドがキーロックなどの手段で無効になっている電話機からのコールを許可し、その電話機からの不正なコールを防ぐことができます。 これは、スイッチフックを素早く押して離して加入者回路を開閉し、回転ダイヤルによって生成されたパルスをシミュレートすることによって行われる。 古い加入者ハードウェアと下位互換性が必要であるため、ほとんどの現在の電話交換機でもこの方法をサポートしています。

約5秒間に10回の割合でフックを急速にクリックすると、発信者は回転ダイヤルを使用しているかのように番号をダイヤルできます。 交換機のパルスカウンタは、パルスまたはクリックをカウントし、2つの可能な方法でそれらを解釈する。 大陸と国によって、次の間隔を持つ1つのクリックは、「1」または「ゼロ」のいずれかになり、間隔の前の後続のクリックが加算的にカウントされます。 これにより、10回の連続したクリックがそれぞれ「ゼロ」または「9」のいずれかになります。 一部の取引所では特別なコントロールのためにクリック数を増やすことができますが、0〜9の数字はこの2つの基準のいずれかになります。 1つの特別なコードである「フラッシュ」は、非常に短いワンクリックであり、可能ではあるが、シミュレートするのは難しい。 ロータリーダイヤルの日には、技術的にはまったく同じ電話機が世界の複数の地域で販売されていました。国によって一致したプラグとダイヤルがローカルの標準番号でベゼルされていました。

このようなところからハッカーが発生して、DEFCONみたいなところまでの展開をひろげている。

世界最大のハッキングイベント「DEFCON」
DEF CON ( DEFCON、 Defcon、DCとも呼ばれる)は、 ネバダ州 ラスベガスで毎年開催される世界最大のハッカー慣習...

これから5Gでミリ波とLTEで電磁波の影響もあるかもわかりませんが、IOTは大きく進むことになるでしょう。それによってITにさらに人類は依存していくことになることでしょう。それによってハッカーは増えてくることになるでしょう。ちょい昔までハッカージャパンという雑誌がありましたが今は休刊になっています。ホワイトハッカーになってもらいたいものです。エシュロンとマイナンバーやRFIDチップでさらなる監視社会を迎えることになるでしょう。5Gは2020年からである。この辺りから人類の想像をどんどん超えていく。便利と監視は紙一重。

【知ってはいけない陰謀】5GとI.O.Tの危険性

https://matome.naver.jp/odai/2152319142258642001