イルミナティカードの予言 Ver326 おとり販売編

Bait and Switchとはおとり販売

●おとり商法

おとり商法とは悪徳商法の一種であり、広告などで非常に廉価な商品を掲載し(おとり広告)、注文すると更に高額なものを強引に勧誘するものである。特にミシンの訪問販売に多い。ミシン以外では電柱などに貼ってある不動産広告に多い。 おとり商法は景表法第4条第3号(不当表示)に該当し、その細目はおとり広告に関する表示(平成5年公取委告示第17号)、不動産のおとり広告に関する表示(昭和55年公取委告示第14号)に定められている。

●おとり商品のビジネス

内容の劣るおとり商品を用意することで、本命の商品の売り上げを大きく伸ばすことができる

おとり商品を使った販売方法では、「相対性」が非常に重要です。

私たちの脳は絶対的な価値を判断するのは苦手ですが、
相対的な価値を判断するのは容易に行えるようにできています。

脳が相対的な判断を容易に行えるという事例を一つ紹介しましょう。

『エコノミスト』という雑誌の年間購読案内をAとBの2パターン用意し、
2つの被験者のグループに見てもらった結果がこちらです。

【案内A】
●59ドル・・・ウェブ版だけの購読(68人が選択)
●125ドル・・・ウェブ版と印刷板のセット購読(32人が選択)
◆予想される収益:8012ドル

【案内B】
●59ドル・・・ウェブ版だけの購読(16人が選択)
●125ドル・・・印刷板だけの購読(0人が選択)
●125ドル・・・ウェブ版と印刷板のセット購読(84人が選択)
◆予想される収益:11,444ドル

予想される収益が案内Aと案内Bで大きく異なることがお分かりでしょうか?

消費者は無意識に都合のいいように行動を支配されている。

●政治的おとり販売

政治はディバイドアンドコンカーで両権政治で後ろ手で手綱を握っているのが日本の政治である。後ろにはアメリカさらに後ろにはイスラエル。

与党も野党もみんなグル。この視点で政治を見てみましょう。理解できますよ、両権だって。

なにかをおとりにして国民がそれに注目しているときにそっと本命の法案などを通していくスピンコントロールはメディアと政治で癒着している。

モリカケスパをフォーカスしている間にTPP。

国民は踊らされている。目覚めよ!!AWAKEN!!

コメント

  1. Graham より:

    vybzscope, thanks for the article post.Really thank you! Great.