イルミナティカードの予言 Ver322 幻覚編

Hallucinations(ハルシネーション)とは幻覚。外界から刺激を受けていないのに、受けたように感じる、その感覚。幻視・幻聴など。

原子が大聖堂の大きさだとすれば、原子核は10セント硬貨くらいだろう。
<空っぽ>の原子でどうやって「固体」の世界を作れるというのだろう。そんなことはできないし、する必要もない。世界は「固体」ではない。ホログラムだ。「固体」に見えるのは幻覚に過ぎない。振動数。僕らの住んでいる世界はmatrix。2029年までに脳は機械と融合し、これまでの人間を超える。ホログラムワールドの中のホログラムワールドを創生する。脳内ビックバン。人間はおのおの自分の宇宙を作り出す。リアルフラクタル。技術的特異点とは、炭素をベースとする知性とシリコンをベースとする知性が融合し、単一の世界意識が形成されることを指している。神のような機械、人工知性ができたら、その神はどうするであろうか。彼はあらゆるものをコンピューターに改造し始めるであろう。地球全体、小惑星、太陽系、銀河系、最終的には宇宙全体をコンピューターにしてしまうかもしれない。というかこれの無限ループ。

インテリジェントデザイン説を唱える学者が現れた。オーストラリア出身のヒューゴ・デ・ガリス(Hugo de Garis)という人工知能研究者である(1947- )。彼の議論は「神は数学者か?」というものだ。この宇宙は数学で書ける。ニックボストロムやイーロンマスクがいうようにこの世はシュミレーションだ。