イルミナティカードの予言 Ver319 サイボーグソルジャー編

ポストヒューマンは、トランスヒューマニズムによる概念。仮説上の未来の種であり、「その基本能力は現在の人類に比べて非常に優れていて、現代の感覚ではもはや人間とは呼べない」ものとされる。

ポストヒューマンは、過激な人間強化と自然な人類の進化の組合せによって生み出されると説明されることもある。この場合、ポストヒューマンと他の仮説上の(人間ではない)新たな種との違いは、ポストヒューマン自身かその先祖が人間であったという事実だけである。従って、ポストヒューマンの前提条件としてトランスヒューマンがある。トランスヒューマンは人間の限界を超える強化をしたものであるが、同時に人間と認識されるものである

ポストヒューマンの形態として、人間と人工知能の共生、意識のアップロード、サイボーグなども考えられる。例えば、分子ナノテクノロジーによって人間の器官を再設計したり、遺伝子工学、精神薬理学、延命技術、ブレイン・マシン・インターフェース、進化した情報管理ツール、向知性薬、ウェアラブルコンピューティングなどの技術を適用することも考えられる。

脳とコンピューターを繋ぐチップを頭に埋め込み、前線の兵士を「サイボーグ」に変える技術を、米軍が開発

サイボーグは、サイバネティック・オーガニズムの略で、広義の意味では生命体と自動制御系の技術を融合させたものを指す。具体例として、人工臓器などの人工物を身体に埋め込むなど、身体の機能を電子機器をはじめとした人工物に代替させたものがある。人間にICチップを埋め込み始めている。

科学の進歩にともなって、人間を知能、感覚、身体能力で拡張しようという動きは大きくなりました。 いかに道具が進歩しても、インタフェースの工夫によって簡便に扱える機能はどうしても制限があるためです。つまり、高度な道具を使いこなすには高い能力が必要です。けれど、高度な道具を完璧に使うためには人間の限界が立ちはだかります。これはインタフェースで乗り越えるのが困難な障壁です。 そして、人間を拡張すればより高度な仕事ができると考える人間は少なくなく、人間の拡張は大きなテーマであり続けたのです。

人間の拡張

①「外部機器によるアシスト」

アシスト機器:パワーアシストは、身体の主に筋力をアシストするための機器です。頑強なフレームと、筋肉の働きをする各種機器によって構成されています。 電源にあたるものは、アシスト機器に内蔵されている場合も外付けである場合もあります。一般的な出力のものは内蔵電源ですが、著しく大きなパワーを扱うものは外部電源を使ってコードをアシスト機器に接続している。人間強化(にんげんきょうか、human enhancement)とは、一時的か永続的かを問わず、人間の認識および肉体的能力の現在の限界を超えようとする試みを意味する。その手段は自然なものから人工的なものまである。

「電動パワード外骨格スーツ」の画像検索結果

「パワードジャケット」の画像検索結果

感覚強化機器:

補聴器のような感覚器をアシストする機器もよく使われています。 たとえば22世紀の眼鏡は、コンピュータ画像を単純に重ね合わせるだけでなく、望遠や虫眼鏡、あるいは暗視機能をつけたものがあります。 視界にコンピュータ画像を重ね合わせるAR機器も、アシスト機器にカテゴリされます。ゴーグル型や眼鏡型の携帯端末は数多く出回っています。感覚強化機器でもっともよく使われているのはAR機器です。携帯端末をハンズフリーで扱えるようにするだけで、非常に大きな利得があります。外付けの感覚強化機器の中には、「外部脳」と呼ばれる脳強化機器も含まれます。(参照「人体補助機器と人工知能」) 埋め込み機器の脳強化機器とは違い、外付けの脳強化機器は、脳波や神経信号を外から読み取って携帯端末や各種機器を起動させるくらいの「便利な道具」としての位置付けになります。 便利な道具とは、人格などを拡張前提で変化させる可能性が低いということで、ライフスタイルなどには大きな影響があります。特に、明示的な操作なしで機器を使用できるのは、自分の体の延長として道具を使えるような圧倒的な操作感をもたらします。 外部脳は、一般的には耳にかけたり、リング状の端末を頭につけるなど頭部の脳に近い位置に接触させる必要があります。

②いわゆるサイボーグである「機器の埋め込み」

「人体に機器の埋め込み」の画像検索結果

③「薬物的強化」

関連画像

運動能力や認識能力を高める薬物が普及している

スマートドラッグ(英: smart drugs)は、人間の脳の機能や能力を高めたり、認知能力や記憶力を高める薬品や物質の総称である。ヌートロピック(Nootropic)、メモリエンハンサー(memory enhancer)、ニューロエンハンサー(neuro enhancer)、コグニティブエンハンサー(cognitive enhancer)、インテリジェンスエンハンサー(intelligence enhancer)とも呼ばれる。

国防高等研究計画局(DARPA)

「サイボーグソルジャー」の画像検索結果

国防高等研究計画局(DARPA)が開発に取り組んでいる。 チップを通じて脳細胞とコンピューターを接続できれば「人間の脳と最新電子機器の間に伝達経路を開くことができる」と、DARPAは説明する。