イルミナティカードの予言 Ver304  偽造編

Forgeryとは偽造の事

公文書偽造で世間は大騒ぎですが、そもそもお金のシステムも無から有を通貨発行権を握っている株主が通貨という集団幻想によって価値を偽造していることが諸悪の根源である。世界各国の中央銀行の頂点には、中央銀行を束ねる国際決済銀行(BIS)という存在がある。国際決済銀行はもともと、1930年に第一次世界大戦で敗戦したドイツの賠償金の支払いを統括する機関として造られ、本部はスイスのバーゼルにある。最近のダボス会議があった場所はここ。そして、この銀行を代々、取り仕切っているのは、フランスロスチャイルド一族の血縁者である。日銀は独立性を担保しているわけではなく、事実上は国際決済銀行に属しているのである。また日本紙幣の「通貨発行権」を所有しているのは日本銀行(中央銀行)であり、この日銀は政府から独立した機関である。 持ち株の55%は政府が所有しているが、残りの45%の株は政府以外の民間人の所有となっており、ロスチャイルド一族が30%以上所有していると言われている。まさにバビロンシステムである。森友8億円なんてどうでもいい金額で本丸には気が付かせないように世間をスピンコントロールしている。これも一種の偽造である。特別会計枠から恐ろしい金額をアメリカに巧妙に吸われている。売れない米国債を買わされている現実を国民は知るべきだ。数百兆円の動きがあると言われている。暴露しようとして石井 紘基議員は暗殺された。

またスピンコントールしている理由は米国を除く環太平洋連携協定(TPP)(CPTPP/TPP11)の交渉に参加する11カ国が新協定の締結で合意したと発表した。38日チリでの署名式開催を目指すという。裏で世界経済植民地化計画は着実に進んでいる。