イルミナティカードの予言 Ver301 キラーサテライト(気象兵器)編

アメリカが制作している「神の杖」(かみのつえ)または神からの杖(かみからのつえ、英:Rods from God)は、アメリカ空軍が開発中だとされている宇宙兵器(軍事衛星)。Kinetic bombardment(運動エネルギー爆撃)とも呼ばれる。

核兵器に代わる戦略兵器として計画されている兵器で、タングステンやチタン、ウランからなる全長6.1m、直径30cm、重量100kgの金属棒に小型推進ロケットを取り付け、高度1,000kmの低軌道上に配備された宇宙プラットホームから発射し、地上へ投下するというもの。

極めて大規模であるが、一種の運動エネルギー弾であると言える。落下中の速度は11,587km/h(約マッハ9.5)にも達し、激突による破壊力は核爆弾に匹敵するだけではなく、地下数百メートルにある目標を破壊可能だとされている。

金属棒の誘導は他の衛星によって行われ、地球全域を攻撃することが可能。また、即応性や命中率も高いばかりか、電磁波を放出しないため探知することが難しく、迎撃は極めて困難だという。

柳田理科雄は、寸法通りの金属棒だと重量はタングステンで8.3t、チタンで2tに及んでしまい、さらに、100kgの物体が11,587km/hで落下しても威力は広島型原爆の12万分の1にしかならないなどとして、神の杖の存在に否定的な見解を示している。また、米国科学者連盟(en)のジョン・E・パイク(de)は、金属棒が大気の断熱圧縮により融解してしまう事を指摘している。

なお、神の杖のような宇宙兵器の保有は宇宙条約によって禁止されている。しかし、アメリカは批准していない。

ニコラテスラの殺人レーザー
ここ数ヶ月アメリカで謎の火災が数回起きています。 その時に空からビームのようなものがきたと 住民から報告が出てます。 ...
【衝撃】「TR3B アストラ」というアメリカのUFO完成!!
「TR‐3B アストラ」というUFO型最新鋭軍事兵器。威力、スピード。湾岸戦争でも実は使われていたのではないかという話もある。「TR‐3B アストラ」は半重力エンジンで動いているだろうと推測する。

「天宮1号」

【緊急滅亡】4月1~7日に中国衛星「天宮1号」が地球落下ほぼ確定! 日本も落下エリア、猛毒「ヒドラジン」大量放出&滅亡へ!

2011年に打ち上げられた中国の宇宙ステーション(軌道上実験モジュール)「天宮1号」は、2016年9月に制御不能状態に陥り、2018年の1月~3月にかけて地球に落ちてくるといわれている。これまで落下地点は明らかにされてこなかったが、遂に落下の危険がある範囲が特定された。なんと、東京にも落下する危険があるというのだ!

中国の人工衛星(注:…

東京も「危険地帯」入り! 制御不能の中国宇宙ステーション“落下予想エリア”が公表される

関連画像

「中国の衛星「天宮」」の画像検索結果

コメント

  1. 岸藤樋佐 より:

    キラーサテライトというカードは、今、落下している、中国の衛星「天宮」のことを示している気がする。

  2. vybzscope より:

    情報ありがとうございます!知りませんでした。今後もなにかありましたらよろしくお願いします!
    バイブス スコープ