イルミナティカードの予言 Ver300「ろうのオタマジャクシを噛め」編

Bite the Wax Tadpole「ろうのオタマジャクシを噛め」という意味

「中国 コカ・コーラ」の画像検索結果

可口可楽( コカ・コーラ) の話

「コカコーラ」という発音は中国語でまったく違う意味をもっていました。方言によって異なりますが、「おたまじゃくしを噛め(Bite the Wax Tadpole)」か、「ワックスが詰まった雌馬(Female Horse Stuffed with Wax)」のどちらかだったそうです・・・。
その後Coca-Colaは実に4万文字の漢字を調査し、なんとか「コカコーラ」に発音が近くて変な意味ではない漢字をさがしあてました。今採用されているその漢字の意味は「お口の中で幸せ。」

コカ・コーラのロゴには6という数字が隠されている。

関連画像

コカ・コーラとコカイン

そんな自然療法家の一人に、ジョージア州アトランタを拠点に活動するジョン・S・ペンバートン (John S. Pemberton) がいた。南北戦争で負傷したペンバートンはモルヒネ中毒になっており、中毒を治すものとして当初注目され始めたコカインを使った薬用酒の開発を思いついた。この種の薬用酒には既に類似品が多く出回っていたので、ペンバートンは、ワインにコカインとコーラのエキスを調合したフレンチ・ワイン・コカを精力増強や頭痛の緩和に効果のある薬用酒として1885年から売り出した。

フレンチ・ワイン・コカは「ドープ(dope=麻薬)」と言う渾名で人気を博したが、やがてコカインの中毒が問題となるとともに、禁酒運動の席巻によりフレンチ・ワイン・コカが売れなくなる恐れが出てきた。そこでワインに代えて炭酸水の風味付けのシロップとして売り出すことにして、ペンバートンのビジネスに参加した印刷業者のフランク・M・ロビンソンによってコカ・コーラと名づけられた。このコーラは1886年5月8日に発売されている。

ちなみに今現在コカ・コーラの風味はトップシークレットの香料7xと柑橘系およびスパイス系のフレーバー7 – 8種類程度の配合によるものと言われる。このうち7xの成分はコカ・コーラ社のトップシークレットであり、成分を知っているのは最高幹部のみである。

7xはレモン・オレンジ・ナツメグ・シナモン・ネロリ・コリアンダー、そして脱コカイン処理されたコカの葉の7種(またはコカの葉がない6種)をアルコールで抽出したものだと言われている。この7xとその他のフレーバーの配合レシピのことを「フォーミュラ」と呼ぶ。

小学校の時コカ・コーラ工場見学いったなぁーその時にコカ・コーラの工場見学用パンフレットを渡されました。そこにQ&Aが書いてあってコカ・コーラを飲むと中毒になるって本当ですか?と書いてあった。答えはおいしいからだよと書いてありました。

その秘密の成分になにがはいっているのかなぁ、、、。

コカ・コーラ仏工場でコンテナに大量コカイン、末端価格58億円

米飲料大手コカ・コーラのフランス南部にある工場で、コスタリカから配送されてきたジュースのコンテナから大量のコカインが発見された。現地紙バール・マタンによると、見つかったコカインは計370キロで、末端価格は推計約5000万ユーロ(約58億円)という。

これらの数字についてコカ・コーラからの確認は取れていない。地元の検察当局からのコメントも得られていない。

コカ・コーラの広報担当者は、発見した従業員が警察に通報したことを明らかにした。従業員は容疑者になっていないという。

【ロイター2016.9.2.】

そんな話を聞いて『スカッとさわやかコカコーラ』って言われてもね、、、、。