イルミナティカードの予言 Ver293 検閲編

言論統制が本格的に始まる前に

Censorshipとは検閲のことである。しらべあらためること。特に、種々の形で行われる思想発表の内容・表現を、公の機関が強権的に取り調べること。

「Censorship」の画像検索結果

検閲(けんえつ)は、狭義には国家等の公権力が、表現物(出版物等)や言論を検査し、国家が不都合と判断したものを取り締まる行為をいう。歴史上、世界各国において検閲官などにより行政権による検閲が行われ、しばしば表現の自由が抑圧されてきた。対象となるのは出版物の他、音楽、映画、テレビ、インターネット等表現一般である。検閲は大きく分けて事前検閲と事後検閲の2種類あるが、ほとんどは事前検閲である。

広義にはカルトと呼ばれる反社会的集団の構成員が集団の内部事情を漏洩しないように、構成員のSNSや手紙・レポート・携帯電話等の監視を行い情報発信の制限を行うことも含まれる。

インターネットの情報は全て「検閲」されている. googleやFacebookの規約にもありますし、通信傍受システム「エシュロン」などによってインターネットの情報は全て「検閲」されているのですから、「闇の権力者」達にとって不都合な本物のヤバイ情報は、私達一般庶民には伝わらないようになっているのかもしれません。

David Bowie’s Last Online Post: デビッド・ボウイ最後の投稿

‘Google Is Illuminati’  グーグルはイルミナティ

Googleは現在、フリー・スピーチの締結、

インターネットの検閲、NWO新世界秩序の導きを試みている。

彼の死から18ヶ月後、ボウイの人道に対する最終的な警告は、インターネットに関する彼の以前の主張と同様に予言的であることが判明した。Googleは現在、フリー・スピーチの締結、インターネットの検閲、新しい世界秩序の導きを試みている。

Bowieは、インターネットは単に道具でもメディアでもないと信じていました。旧世界とインターネットの新しい世界が合併し、現実となった。誰でもインターネットをコントロールすると、すべてが制御されます。

イルミナティはハリウッドの台本脚本をことごとく検閲する

イルミナティは、人気の映像メディアを使って並外れた影響力を及ぼしている。 映画の台本はことごとく、制作が始まる以前に、イルミナティの重要な部下に提出される。 彼の役割は潜在的に影響を及ぼす可能性ある言語に差し替えまたは挿入するスクリプト(文字体系)を査定している。 これらは、スクリプトによって、メジャー(主)かマイナー(副)に変えられることになるだろう。

尚かつ、これらの部下たちは、厳しく管理されたシンクタンクで組織され、世界的社会への影響がどのようなものかイルミナティのプロパガンダの進展を調査している。 メンバーがテーマに決定を下せば、ポピュラー・メディアで更なる広報拡大の準備をする。 それから、望ましい創造的なプロジェクトの詳細は、非常に熟練した作家の下請け(必ずしも聡明でなくてよい)のグループに渡される。 彼らは、これらのプロジェクトのためにスクリプトを作成する。

世界的な人種の異なるセクターをターゲットとするため異なるプロジェクトが作られる。 それは論理的に自明なことかもしれないが、それは言及する価値がある。 著しく露骨なイルミナティのメッセージは、より頻繁に映画の中で表される。 過度の暴力、性的な内容、はっきりと不気味だとわかるものなど、外からの思考が力強く心(マインド)に挿入されることが分っているので視聴者の気を散らせと命令が下る。

実は、全く誤っているというわけではないのは、過度の暴力など、その考え方を受け入れるとき、精神的な開放を起こさせている。 どうしてかというと、一旦、視聴者が暴力、性などを受理し、それに服したなら、彼または彼女の心(マインド)は、映画が彼らの心(マインド)に挿入するはずである思考に対し開かれた状態であるということだ。

「特定秘密保護法」

「特定秘密保護法」ができてしまい、行政機関が隠したい情報は知るすることができなくなってしまいました。


「特定秘密」の定義が曖昧
にされているため、
政府や行政機関の運用次第では、報道関係者の取材活動や一般市民による情報公開要求も、「共謀、教唆、煽動」、情報漏えいの「教唆」「そそのかし」とみなして処罰するなど、国民すべてが対象となり、犯罪者として逮捕される危険性をもっています。


なので、今後は真実を語るジャーナリストや、深く突っ込んだ陰謀論者の方々が運営するホームページは次々と閉鎖されてしまい、検索には出てこなくなる日が来るかもしれません。