イルミナティカードの予言 Ver290 アルビノアリゲーター編

「アルビノアリゲーター」の画像検索結果

遺伝子変異による色素欠乏で白いワニが誕生する確率は極めて低いうえに、野生環境に適応するにはぜい弱なため、現在、生息するアルビノ・アリゲーターは全世界でわずか20匹しかいないといわれている。

ニューヨーカー定番の最も有名な都市伝説。

地下の下水道にワニが捨てられ研究所から投棄された成長ホルモン実験用の犬の死体を食べて体長10m以上に成長、人間を襲い始めた白いワニがいるという都市伝説

「アルビノアリゲーター 都市伝説」の画像検索結果

アルビノ

生まれつきメラニン色素をつくる機能が損なわれていることが原因で、遺伝的要素が強い。約2万人に1人の割合で生まれるとされる。視力の低下を伴うことが多い。根本的な治療法は確立されていない。専門家は、アフリカでアルビノの子どもが生まれる割合は他の大陸の4倍近く高いと推測する。タンザニアでは地域によっては2千~4千人に1人の割合で生まれているとされるが、はっきり原因はわかっていない。

短時間日光にさらされただけで強い日焼けを起し,皮膚癌の発生率も高いなどのハンディキャップがある。アルビノの遺伝形式は,単純な劣性メンデル式遺伝子によると考えられている。

「アルビノ 」の画像検索結果関連画像