イルミナティカードの予言 Ver281 不法妨害編

  • interferenceとは干渉、口出し、じゃま、不法妨害

不法妨害

英米法上,他人に害を及ぼし,そのため訴訟原因を発生せしめる人の行為または物理的条件をいう。

ニューサンスの訳語。

公共の場所または公共の土地において惹起せしめられる公共の不法妨害,すなわち,社会全般の道徳,安全,健康を害する不法妨害は,国家に害を及ぼす刑事犯罪と考えられる。

また,私的不法妨害といわれるものは,近隣者の私有地に現実に侵入すること (→不法侵害 ) なく,その土地の使用,享有に不当に干渉する行為ないしは状態をいう。

したがって,異常な騒音,有毒な蒸気,不快な臭気,振動などは,現実に近隣の土地の地上ないしは地下に対してなんらの物理的侵害を犯す行為ではないが,近隣の土地保有者に対する私的不法妨害を構成する。

公的不法妨害自体を理由に訴えを提起しうる当事者は国家に限られ,その場合,刑事手続,差止命令,または物理的除去という処理がとられる。

麻生邸見学ツアー逮捕事件

麻生邸見学ツアー逮捕事件(あそうていけんがくツアーたいほじけん)とは、「東京都条例違反(無届デモ)及び公務執行妨害」の容疑で3人のデモ参加者が現行犯逮捕され不起訴となった一連の出来事を指す。

当日は「ツアー」の主催者に対し、現場で渋谷署の警備担当者が事前に「五、六人で(麻生邸に)行くだけなら大丈夫」と確約していたにもかかわらず、逮捕したことについて弁護側から追及されたが、「無届けでデモをした。都公安条例違反だ」などと答弁。

だが弁護側が、「渋谷署側は事前にデモではないと理解していた。最初に逮捕されたAさんも人混みの中で他の参加者の前を歩き始めただけなのに、逮捕するのは不自然ではないか」と質問すると、しどろもどろになりまともに答弁できなくなった。また山口警部は、「ツアー」を主催した「フリーター全般労働組合」を以前から内偵していた事実を公判で認め、「何をするかわからない集団」「(麻生邸に)行かせたくなかった」などと、最初から政治的な予断で現場に臨んだ事実を認めている。

傍聴したAさんは、「本人は『危険なことがあったらまずいと思った』などと逮捕を正当化しているが、ただ首相邸を見に行くだけの行動にこれだけ過剰反応する公安の体質こそ危険だ」と話している。

国家権力

国家権力の暴走は憲法改正されて緊急事態条項を発令されるとこのような暴走をするということを認識するべきだ。

緊急事態条項と海外ドラマ『ハンドメイズテイル』
いや最近選挙が終わってからというもの寝つきが悪いです。福島の震災後張りに興奮しているのか危機感が止まりません。こんなに悪政が続いていてもみな...