イルミナティカードの予言 Ver280 13013編

「13013」は亜天才教会の聖なる数字。伝説の指導者であるボブに由来します。

教会の主なシンボルは、彼がパイプを煙る彼の顔のアイコンです

「J.R.「ボブ」ドブス」の画像検索結果「J.R.「ボブ」ドブス」の画像検索結果

ボブとは、掘削機器のセールスマンだった際に神の啓示を受けたとされ、亜天才教会の伝説の指導者とされる、J.R.”ボブ”ドブスのこと。

SubGeniusの文献の教会には、陰謀論の多くの側面が組み込まれている。それは、より小さなものすべての根源に大きな陰謀があることを教えている。これは、いくつかの地球外生命体が含まれているものの、人間を監視するために陰謀の指導者によって使用されているほとんどが、多くのUFOがあることを記録します。

サブジエヌスの教会の主要な神、エホバ1。

The Church of the SubGenius
(チャーチ・オブ・ザ・サブジーニアス)は、2007年7月5日(木)、世界の終わりが起こるだろうと発表した。この最後の審判の予言の成就に備え、黙示到来の前の最終週の週末に、北部ニューヨークで行われるロックコンサートと冒涜的な宗教儀式のフェスティバルに、会員全員が参加することを、その教会は要求した。

チャーチ・オブ・ザ・サブジーニアスとは、サイエントロジー、ラエリアン、統一教会などの宗教、さらにクリスチャン・アイデンティティのような人種差別主義的憎悪集団をも含む、新興宗教の「パロディ」として見なされる、人気宗教。その組織は、他の宗教組織をあざける皮肉として広く見なされる。またその教団は自らを、「cynisacreligion」シンアイザックレリージョンと呼ぶ。(又はシニザック・レリージョンか)

教団創設者J.R.「ボブ」ダブスは、1953年初めより、以下を予言していた。空飛ぶ円盤の編隊が、サブジーニアス教団に対する世界的陰謀を破壊するために、7月初頭到来する事。一方サブジーニアス教団の聖職者に任命された者全てが、エイリアンのセックスの女神
(別名Xists)によって操縦された脱出船によって救出される事。

教団は、ニューヨーク、シャーマンのブラッシュウッド・フォークロア・センターと呼ばれる、着衣オプションのアウトドア・キャンプ場(つまりヌーディスト・キャンプ)で、6月28日(木)から7月5日(木)までの間、最後の時を共に集まるため、その世界中の会員ら全てを招待している。この複合体の初の集会は1996年に行われた。そのイベントは規模と参加者の両方で毎年増加してきた。

1998年は最初の真実の「X-デイ」と呼ばれる。それに連続する年ごと1を加えてきた。2007年度の今年の祭典は、X-デイ10もしくはX-デイ-X。

教団は、Xistsの出現の前に会員数を増やすため、大規模な新教徒募集キャンペーンに従事していた。教団の記録によると、その組織は全世界で約10万人の信者を持つ。サブジーニアス教団の新教徒募集活動は、何も信じない者、冒涜者、悪戯者、反逆者、ハッカー、ポルノ写真家、オタク、はみ出し者、等を含む、社会の標準に従うことを拒否する人々の集団に向け、特に専念され続けて来た。

教団はアダルト娯楽産業の出演者とプロデューサーを求め続けている。何故なら性的自由が、最初からの教団の教義の重要な部分であったからだ。X-デイは、表現の自由、パフォーマンスアート、ロックンロール、ポルノグラフィ、そしてアダルト娯楽産業の祭典となるだろう。そしてイベントの特定部分は成人のみに制限される。サブジーニアス教団の聖職者に任じられた者のみが、イベント参加の許可を得る。しかし教団は、基本料金30ドルの、7月4日の最終時間までの会員を受け入れている。

サブジーニアス教団はその設立以来、論争と無縁だった事は無い。そして来たるX-デイ祭典でも全く同じ。1980年代の終わり、教団の会員は、「ピースウィルス」として知られているマッキントッシュコンピュータのウィルスを広げたことで非難された。教団に関しての多数の記事が、ニューヨークタイムズ、ワシントンポスト、ワイアード・オンライン、ボストン・グローブ、USニュースおよびワールド・リポートのような注目に値する出版物で書かれた。

さらにはCNNやNPRによってTV放送リポートが製作された。コロンバイン高校銃乱射事件で非難を浴びた組織トレンチコートマフィアが教団の傘下にあったという確信の下、マサチューセッツ州ケンブリッジ市当局は、公式サブジーニアス・デバイバル集会を、1999年
4月に阻止した。

が後に、その関係が誤解であった事を当局は理解する。しかし2001年1月1日号のタイム誌による世論調査では、J.R.「ボブ」ダブスを、20世紀最大のペテン師と言明した。

さらに加えて教団は、2006年メディアの注目を浴びた。尊師メアリー・マグダリーンとしてサブジーニアス教団内で知られた高位会員が、彼女の教団会員規則の為に、自分の息子の保護
責任に関する法廷闘争に関係した後、この事件はBoing Boing、FarkおよびWikinews(Wikipediaのニュースリポートサービス)のような人気オンラインサービスで取り扱われた。

マグダリーン尊師は、Lipsitz Green Fahringer Roll Salisbury & Cambria, LLP.法律事務所の代表であり続けている。