イルミナティカードの予言 Ver279 デイケアセンター編

デイケアセンター とは、デイケアを行うために設けられた専門の施設。

子供の施設。老人の施設もあるがこのカードは子供デイケア。

学校や施設は「常識」を植え付けるためにある

「洗脳は悪い人たちによる特別な行為で、”常識的” に暮らしている自分とは関係のないものだ」と思っているのならそれは大違いだ。

残念ながら、普通に暮らしている限り、「常識」という教義の危険性に気づく機会は少ない。それは「常識」の洗脳が、国家ぐるみで行われているからだ。国家は、全国に4万6000箇所もの “出先機関” を設け、この国で暮らす人たちすべてをその魔の手にかけている。

やりたいことを我慢し、自分にブレーキをかけ、自分の可能性に蓋をすることを推奨する

学校や施設は「使いやすい労働者」を大量生産する工場である。

学校や施設で親から隔離した環境でまずは徹底的に人格否定をして、個人が心の拠り所にしていた価値観を壊し、心身を疲弊させたところで、刷り込みたい価値観を空白になった心に一気に植えつける、というのが洗脳の基本テクニック。

今の教育によって純粋培養された学生は、洗脳されやすい。その結果政治も経済も堕落するのだ。今の日本はまさにこの状態である。権力者や御用学者にすぐ丸め込まれる。

①世間から隔離された環境に置かれている

②決められた教科書に基づいて、一方的な教育がなされている。

③一定の目標、受験に専念させられている。

④学級という集合教育にならされている。同じ環境で、同じ規範で、同じ行動するように仕向けられている。

⑤個性や主体性を無視された教育をされている。判断力を養う教育がされていない。

⑥試験制度によって一定の答えを導き出すように訓練されている。同じ方向の教育がなされている。

⑦常に、誰かに保護されている。保護されている反面、重要な情報、肝心な事は知らされていない。依存しなければいられない環境にされている。

⑧目的を達成した後の構想が与えられていない。

⑨上の人間の言いつけを無条件に従順に従っうように躾られ、何も考えずに従った者の方が有利な地位に立てる。何も考えられない状況に置かれている。自分の置かれている環境に、疑問を持てば自分に不利に状況が働く。

⑩成績、偏差値が全てである。人格や理性、道徳観とは無縁なところで判断されている。つまり、主観的な判断基準が持てない環境にある。

だがこれからは違う日本人は中庸に作られている。平均的に。しかしAI時代平均的である必要もなく、何かに特化した戦略を持たないと鈍することになる。

いまだに学歴だと言って子育てをするものが多い。なにかに特化した結果、学問を学ぶのはいいが、学校ありきで話しているのは凄く滑稽である。世の中は需要と供給。需要の満たされている汎用な基準をありがたがる時代は終わっているのだ。オリジナルなクリエイティビティしかこれから先いらないのだ。汎用性のある仕事はすべてAI化されることは間違いないだろう。