イルミナティカードの予言 Ver269 悪魔のフッ素化編

fiendish fluoridators 悪魔のフッ素化

フッ素は原子番号 9 の元素。元素記号はラテン語のFluorumの頭文字よりFが使われる。原子量は 18.9984 で、最も軽いハロゲン元素。また、同元素の単体であるフッ素分子をも示す。 電気陰性度は 4.0 で全元素中で最も大きく、化合物中では常に -1 の酸化数を取る。地球上の元素の中で電子を引き付ける力が最も強く、非常に活発な科学的性質を持つ。

凄い昔、毎日ダイエットコークを飲んでいて鬱状態になったことがあります。因果はわかりませんが、、。そもそも精神を健康でいるには腸を意識することが大事で、第二の脳といわれるぐらい関係性があります。腸内フローラをいい状態で保つためには菌系、発酵食品を摂取する、過剰な糖質をとらない、野菜を食べる。肉の量は減らす、もしくは食べない。

しかしフッ化物は自然界のあらゆることろに存在し、ヒトの必須栄養素として位置づけられています。成人が食品や飲料から摂取する量は1日あたり1.6〜3.2mgと推定されています。(体重1kgあたり0.05mgが適正摂取量)
フッ化物自体は魚類(イワシ、エビ、貝類等)や海藻類、お茶、味噌、りんご、みかん等日常生活で摂取する機会の多い食品等にも微量に含まれています。

でもこれは許容の範囲でこれが理想。精神も健康、体も健康を保つことができますし、病気してもリカバリーするのが物凄くはやい。これが自分の実感としてあります。

そしてスピリチュアルな臓器で松果体というまっぼっくりに似ている器官が脳の中の中心に存在している。ここは瞑想によって活性化できる。そしてフッソをとることで石灰化しダメになる。フッソは歯磨き粉や水道水、フッ素加工のフライパン、現代の世の中フッソが体に入ってきます。政治がこれだけおかしくても、無関心でいられるのはフッ素奴隷として国民が洗脳されやすい体質を作っているのです。

このやり方はナチスが アウシュヴィッツの水道水にフッ素を添加したところ囚人がおとなしくなって統制がとれるようになり、収容者を不妊にさせるという話があります。これを運営していた企業は今のバイエルという製薬会社。

子供の検診で歯にフッ素を塗りたくられる。虫歯予防で猜疑心もなくみんな受けている。

『生体アパタイト結晶形成機構とフッ素イオンの影響(寛 光夫先生)』の中で、フッ素が歯を強化する原理が確認されなかったという報告があります。

そんなこんなでフッ化物水道水添加を中止したカナダ、旧西ドイツ、キューバ、フィンランドといった国々では、ムシ歯の発生率は減少を続けています。水道水の99%は飲料以外に使われ環境汚染源となる、フッ化物にさらされることによる健康上の危険を理由に、スイスのバーゼル市は、1962年に水道水へのフッ化物添加を中止して今日に至っています。

19世紀初期のフッ素研究の開拓者の多くは、フッ素毒で重症を負い、あるいは死亡している。このフッ化ナトリウムは、ネズミやゴキブリを殺す毒や麻酔剤、また睡眠薬や精神治療剤、そして軍の神経ガスに共通する成分である。

また水道民営化が日本は進んでいる、外資がどんどん乗っ取っている。国防上、水道などのライフラインを外資に任せるなんて恐ろしいことはないのである。TPPルールなどを武器にこれからやりたい放題に外資が猛威を振るうことだろう。日本の法律など関係ないのだ。値も上がるだろしフッソ入れ放題状態な日がやってくる。それは兎にも角にもフッソで愚民化され、誰も気が付かずさらに愚民化されるだけである。

水道水に人工的にフッ素が添加されている地域の子供達は全体的にIQのレベルがフッ素が添加されていない地域に住む子供たちよりも低い事が分かっている。

フッ素をならべく摂取せずに瞑想をすることをお勧めする。直観力は上がるだろし、IQも上がり、人の嘘がすぐわかる。AWAKEN!