イルミナティカードの予言 Ver254 アメリカ合衆国内国歳入庁編

I.R.S.つまりInternal Revenue Service 

アメリカ合衆国内国歳入庁は、アメリカ合衆国の連邦政府機関の一つで、連邦税に関する執行、徴収を司る。日本でも、そのままIRSと呼称されることもあるが、内国歳入庁や米国国税庁などと翻訳される。連邦政府の機構上は財務省の外局であり、日本の省庁になぞらえれば財務省の外局である国税庁に相当する。

IRS(※アメリカ合衆国内国歳入庁)は米国政府機関ではない。

連邦準備制度のように、連邦政府の一部ではありません。

(Diversified Metal Products v。IRS等、CV-93-405E-EJE USDCDI、公法94-564、上院報告94-1148、5967、再編計画26、公法102-391

彼らは実際に米国財務省の税金を徴収しないため、連邦準備制度の回収機関になっています。 回収された資金は全て連邦準備制度理事会に引き渡される。

IRSに小切手を送ったことがある場合は、連邦準備制度理事会に承認されていることがわかります。 連邦準備理事会は、国連の機関である国際通貨基金(Black’s Law Dictionary、第6版、816頁)に資金を預けて、国際開発協会(International Development Association:国際開発協会)に報告する(Treasury Delegation Order第91号)は、世界銀行として一般的に知られている「国際復興開発銀行」の一部です。 それゆえ、アメリカの人々が無意識のうちに、来るべき世界政府に貢献していることは明らかです。

デービッドアイクは「大いなる秘密」で、このIRS(内国歳入庁)はテロ組織であると断言している

税務調査における職権乱用と公聴会

IRS(内国歳入庁)の職員による職権乱用事件として明らかになったロジェスキー事件以来、税務調査に対する職権乱用の事例が、数多く米国議会に報告されました。

そこで、米国議会は、納税者権利保障法の策定に着手するとともに、その実態を確認するために公聴会を開催しました。

この公聴会は、米上院財政委員会の主催で1997年9月に3日間にわたって行われました。そうして、IRSの職員の職権乱用が、通常は国会議員と接触をもたない低所得者がその徴税の標的になっているとした苦情が多かったことから、それらの人に将来再び被害が及ばないように配慮されました。

その光景は、かつてマフィア裁判の再現でした。報復を恐れる証人は、頭に黒いずきんをかぶり、ついたての奥での発言は、音声を人工的に変えて流されました。

そうして、被害者の証言は「IRS(内国歳入庁)は裁判官と陪審員と刑の執行人を兼ねている。誰も口出しできない」ということで一致しました。