教科書とイルミナティ(日本史編)前半戦

高校や大学教員ら約400人でつくる「高大連携歴史教育研究会」(会長=油井大三郎・東京大名誉教授)が、教科書や入試で覚えなければならない歴史用語の精選案を公表した。

「高校の日本史、世界史で学ぶ用語を現在の半分弱の1600語程度に減らすべきだとする提言」

しているわけだが、これはイルミナティが歴史から見えないようにするべき提言である。

幕末からセカンドアメリカとして育てられ、日本人は誰も気が付かない。

これについて解説しようと思う。愚民化政策は現代も続いている。

なにを洗国しようというかは、歴史認識、ヒエラルキーと権力者とは何なのかを削除しようという点である。支配層側から面倒な記述を削除していると思われる。

「士農工商」はすでに 高校までの歴史教育では抹殺されています。

なので今回はバイブススコープが何を隠そうとしているかを開示したいとおもう。

世界史編を見てもらって陰謀でもなんでもなく世界には支配する構造体というものが存在するということである。

今回は日本史編

竪穴住居

大地を掘下げ,住居の床の部分を地表面より低くした,半地下式の住居をいう。主として新石器時代,ヨーロッパ,アジア,アメリカの各地で行われた。日本では,縄文時代早期から古墳時代までは普遍的に使われ,一部では近世にいたるまで続いている。中国では,仰韶文化,竜山文化,殷,西周にその存在が知られる。ヨーロッパでは,ドン川流域のコスティエンキ,フランスのカンピニー遺跡,タルドノア文化遺跡,中部ヨーロッパのドナウ文化遺跡などから竪穴住居址が発見されている。

地面を円形や方形に数十センチメートル掘りくぼめて、垂直に近い壁や平らな土間(どま)の床をつくり、その上に屋根を架した半地下式の住居である。おもに考古学的調査で発見され、日本では旧石器時代から中世まで使われた主要な住居様式の一つである。一般的には、一辺あるいは径が数メートルで、床面積が20~30平方メートルの、一家族が住むのに適当な広さをもつ。内部には数本の柱穴(ちゅうけつ)のほか、炉(ろ)、かまど、貯蔵穴(けつ)、溝、工房などの付属施設や、時代や地域によっては埋甕(うめがめ)、石棒、石壇(せきだん)などの宗教的遺構が付随することもある。

エジプトという場所に人類が定住し始めたのは、
紀元前9000年頃だと言われている。
気候の変動によって雨が降る様になり、
遊牧民が牛を連れて生活する様になったらしい。
その後、紀元前6000年頃にはナブタ文化、
紀元前5000年頃にはバダリ文化が起こり、
これらを称してエジプト文明の発祥といわれている。
この頃の日本は竪穴式住居や貝塚等の文化。
縄文時代だ。
ヨーロッパでは新石器時代、農耕が始まった頃。
その後、紀元前3000年頃のエジプトでは先王朝時代が始まり、
紀元前2500年頃には有名なクフ王が誕生する。
そのクフ王の墓と言われているのがギザの大ピラミッドであり、
その門番がスフィンクス。

~BC14000年頃 ムー・アトランティスの時代

BC14000年~BC300年頃 縄文時代
BC3500~2000年頃 青森県 三内丸山遺跡
BC1800~1500年頃 北海道礼文島 船泊遺跡

船泊遺跡は礼文島北部の船泊湾の砂丘ある、縄文時代後期の竪穴式住居の跡と墓。

和泉式部の父方は土師氏その祖先は野見宿禰、野見宿禰は出雲出身でそのルーツは
1,タオ語(正体字: 達悟語)またはヤミ語(正体字: 雅美語)とは、台湾(中華民国)台東県
の沖合にある蘭嶼に住む先住民、タオ族の言語である。
創世神話 石と竹から生まれた?
工芸 チヌリクランと呼ばれる船
造船と彫刻と図案
陶器
冶金特に銀器
住居 台風を避けるために竪穴式の地下室にわらぶきの屋根の家屋。
周囲に石垣の高い壁をめぐらす

2 土師とはズバリ、秦氏のことである。

古代のフリーメーソンといわれる秦氏は、秦の始皇帝の末裔とされます。
古墳造営に必要な技術は、まず石工である。
始祖のノミノスクネのノミは石工の遣うノミに由来する。
孫の吾田勝の吾田とは長崎から鹿児島に広がるエリアの古名である。

石工職人 フリーメイソンということである。

古事記、日本書記以前の書物に 記載されていたが、白人支配に都合わるいから
燃やされた 。
古事記には一書によるととあり 前に書物があったことを示している
既にジパングと呼ばれていた 世界最高の文明があった。

世界最古の土器は日本 日本縄文文明が世界最古の文明
土器無くして貯蓄無し 貯蓄無くして文明無し

先史時代とは無文字時代
縄文文明は縄文字文明
無文字時代の日本が縄文字を使用していたことは随書倭国伝で明らか
日本から西だけでなく東にも文明の種を撒いたので
アメリカ大陸にも縄文字と縄文土器が伝播している

石工集団フリーメイソンが隠匿している真実とは、日本が文明の元であるということ

氷河期は今より海面が130m低かった
氷河期が終わって氷山が溶けて海面上昇
これが世界中の洪水神話の原型
これによって氷河期の石器時代の文明が海に沈んだ
氷河期の石器時代最高文明は最初の石工(磨製石器)である日本
日本近海の海底にあるいくつもの海底遺跡はこれに由来する

土師器(はじき)

土師器(はじき)とは、弥生土器の流れを汲み、古墳時代~奈良・平安時代まで生産され、中世・近世のかわらけ(土器)・焙烙(ほうろく)に取って代わられるまで生産された素焼きの土器である。須恵器と同じ時代に並行して作られたが、実用品としてみた場合、土師器のほうが品質的に下であった。埴輪も一種の土師器である。

土師器は従来の弥生土器と融合して変化して用途も変わり、後世になるほど出土の分布が異なった。したがって、二種類の土器が同時に出土するなら、渡来初期5世紀ころと言える。

蓋井島の筏石遺跡や、室津の泊ケ鼻、湊祭祀遺跡で須恵器と土師器が同時に出土している。筏石遺跡では古墳時代後期からであるが製塩土器として他地域に無い特異な六連島式土器も出土している。すなわち、応神天皇がお生まれした5世紀以降、秦氏が大挙して渡来した時期に一致する。

{3D5BB806-2308-4371-804D-5B37B03E0A56:01}

土師器・須恵器の技術をもたらした土師氏(秦氏)は秦王国の一部である山口県に存在して、初期の5世紀頃から現地付近(六連島、蓋井島、吉見、安岡など)で生産した。のちに東遷して畿内で普及した。畿内での普及は奈良・平安時代からである。古墳時代後期から製造された六連島式製塩土器も他地域に無い特異的な形状を持ち、同様に秦氏が持ち込んだ

土師氏(秦氏)の渡来、上陸地で土師器、須恵器、六連島式土器を生産し、秦王国内で消費したが、応神天皇、秦氏の東遷を追うように畿内にも移動したことが分かる。

多く生産されたのは甕等の貯蔵用具だが、9世紀中頃までは坏や皿、高坏・椀などの供膳具もそれなりに生産されていた。炊飯のための道具としては甑がある。このような日常食器のほか、祭祀具・副葬品としても多く使われ、祭祀遺跡・古墳からも出土する。

小さな焼成坑を地面に掘って焼成するので、密閉性はなく酸素の供給がされる酸化焔焼成によって焼き上げる。そのため、焼成温度は須恵器の場合より低い800~900度で焼成されることになり、橙色ないし赤褐色を呈し、須恵器にくらべ軟質である。

古墳時代に入ってからは、弥生土器に代わって土師器が用いられるようになった。土師器の土器形式として庄内式や布留式(奈良県天理市布留遺跡から出土)と命名され、庄内式土器の方が古い段階の土師器とされた。この庄内式土器の段階では定型化した大型の円墳は未だ出現しておらず、庄内式土器は、古墳出現以前の土器である説が有力とされる。形式順序は弥生V期、庄内式、布留式という順になる。

須恵器とほぼ同時期に生産されていたものであるが、土師器の技法は弥生式土器の延長線上にあり、どの形式から土師器かを土器自体から決定することは難しい。当初は古墳に伴うという時代的特徴が手がかりとなったが、現在では、全国的斉一性が重視されている。縄文土器、弥生土器は地域色が強かったのに対し、土師器では、厳密に言えば地方色もあるが、同じような意匠・技法による土器が本州から九州までの規模で分布する。これは、前代と一線を画すような文化交流の増大を意味し、その裏に政治的統一の進展を見る説が有力である

土師器は元来、原則的にも伝統的にも文様をもたない土器のはずであるが、東北地方北部を中心とする地域の8世紀前後の土師器には口縁部に沈線文をもつものがしばしば出土する

9世紀以降は土師器工人集団(土師部:はじべ)と須恵器工人集団(陶部:すえつくりべ)との交流が活発になり、轆轤土師器、土師質土器などと呼ばれる両者の中間様式の土器が多量につくられるようになった。

中世に入って登場するかわらけは、土師器本来の製法を汲む手づくね式の土器で、主として祭祀用として用いられた。現在でも一部で、厄除けや酒席の座興としてかわらけ投げがおこなわれることがある。

中宮寺半跏思惟像(みろくぼさつはんかし(ゆ)いぞう)

「中宮寺半跏思惟像 作者」の画像検索結果

弥勒菩薩半跏思惟像(みろくぼさつはんかし(ゆ)いぞう) は、仏像の一形式で、台座に腰掛けて左足を下げ、右足先を左大腿部にのせて足を組み(半跏)、折り曲げた右膝頭の上に右肘をつき、右手の指先を軽く右頰にふれて思索する(思惟)姿の弥勒菩薩像である。日本には大陸より6世紀から7世紀の弥勒信仰の流入と共に伝えられ、飛鳥、奈良時代の作品が多く残されている。

半跏思惟のこの像は、飛鳥時代の彫刻の最高傑作であると同時に、わが国美術史上、欠かすことの出来ない地位を占める作品であります。また国際美術史学者間では、この像の顔の優しさを評して、数少い「古典的微笑(アルカイックスマイル)」の典型として高く評価され、エジプトのスフィンクス、レオナルド・ダ・ヴィンチ作のモナリザと並んで「世界の三つの微笑像」とも呼ばれております。

中でも有名な京都府京都市太秦の広隆寺霊宝殿に安置されている「宝冠弥勒」(国宝彫刻の部第一号)は、右手の薬指を頬にあてて物思いにふける姿で知られる。

蘇我馬子

蘇我 馬子は、飛鳥時代の政治家、貴族。邸宅に島を浮かべた池があったことから嶋大臣とも呼ばれた。 敏達天皇のとき大臣に就き、 以降、用明天皇、崇峻天皇、推古天皇の4代に仕え、54年にわたり権勢を振るい、蘇我氏の全盛時代を築いた。

”秦氏”も”物部氏”もともに”ユダヤ人”である可能性が高く、蘇我氏と物部氏の”宗教対立”の真相も、実は”旧ユダヤ教”と”原始キリスト教”の対立によるものであったのではないでしょうか。

秦河勝=小野妹子=聖徳太子=蘇我馬子という説がある。

大納言

(1) 律令制における太政官の官職の一つ。左・右大臣の次に位置し,大臣とともに政事にあずかり,大臣不在のときは,政務をとりしきった。天皇に近侍して,奏上,宣下のことをおもな職掌とした。『大宝令』では定員4人であったが,のち増減があった。大化改新後おかれた御史大夫 (ぎょしたいふ) が大納言の前名である。

(2) 明治2 (1869) 年7月8日職員令の制定により,太政官に設けられた官職。左・右大臣の下にあり,参議とともにその職を補佐し,可否を献替,宣旨を敷奏することを任とした。定員は3名,相当位は従二位。同4年7月 29日の官制改革の際大納言は廃され,正院に,太政大臣に次ぐ官職として「納言」という名称をとどめたが,それも同8月 10日の改革で左・右大臣と改められた。

「実は明治天皇は孝明天皇の子ではない。

孝明天皇はいよいよ大政奉還、明治維新というときに急に殺されて崩御になり、世間には、明治天皇は孝明天皇(北朝系)の皇子であり、母は中山大納言の娘中山慶子様で、お生まれになって以来、中山大納言邸でお育ちになったということになっており、御名を睦仁親王といい、父である孝明天皇崩御と同時に直ちに大統を継いだことになっているが、実は、その睦仁親王は暗殺され、これにすり替わった明治天皇は、後醍醐天皇(南朝系)の第 11番目の皇子光良親王の子孫で長州萩で毛利氏が守護してきた。

薩摩と長州の間には、この南朝の末孫を天皇にすると言う密約があり、これが王政復古御一新を志した勤皇の運動である」
というのである。
つまり明治維新とは、徳川幕府が倒れて薩長の新政府が誕生した、というばかりではなく、天皇も北朝から南朝に代わったのだ。

稗田阿礼 ひえだのあれ

古代,天武朝の舎人 (とねり) 。『古事記』の序によると,『帝紀』『旧辞』の誤り伝えられることを憂えた天武天皇は,舎人の阿礼にこれらを「誦習」させた。そのとき阿礼は 28歳,きわめて聡明であった。のち元明天皇の命により,阿礼の誦習するところの『帝紀』『旧辞』を太安麻呂 (おおのやすまろ) が撰録して成ったのが『古事記』だとある。稗田氏が猿女君 (さるめのきみ) 氏と同族であることなどから,平田篤胤以来,阿礼女性論がしばしば主張された。

時に稗田阿礼という28歳の聡明な舎人がいた。この人物は目に見れば口に誦み,耳に触れれば記憶にとどめた。天皇は阿礼に命じて「帝皇日継」と「先代旧辞」を誦み習わせたが,天皇自身の死でその決意は実現しなかったという。誦習とはテクストを諳じて誦むことで,そのように誦み伝えられた文献は,元明天皇の時代に太安万侶の編集を経て世に出された。稗田氏は天鈿女命を祖とする猿女君の一族とされ,阿礼を女性とする説があるが,序文から性別を判断するのは難しい。『古事記』成立の鍵を握る正体不明の人物で,その実像は謎に包まれている。

『古事記』、日本語で読めるのは当然ですが、なんと、はるか中東のシュメール語でも読めると言うのです。

豊玉姫(トヨタマヒメ)の歌

■原文
阿加陀麻波袁佐閉比迦礼杼斯良多麻能岐美何余曽比斯多布斗久阿理祁理

■漢文語訳
赤玉は 緒さへ光れど 白玉の 君が装し 貴くありけり

■シュメール語訳
aka dam,u sur gig rag.si lig dam kin gi u gush tab tuku ur,kil.
(アカ ダマユ サエ ヒガ レジ シ ラジ ダマ キン ガ ユ グシ タブ トク アルケル)

■シュメール語の日本語訳
私の愛した夫よ、宮中の僧侶は(あなたが)病気だから祈祷をすると、布施をせがみます。私の大君よ、もっと度重ねて消息を聞かせて下さい。手紙を頂くのを、心待ちに致しております。

薬師の変(くすこのへん)

薬子の変は、平安時代初期に起こった朝廷をめぐる騒動事件。大同5年に平城上皇と嵯峨天皇とが対立するが、嵯峨天皇側が迅速に兵を動かしたことによって、平城上皇が出家して決着する。平城上皇の愛妾の尚侍・藤原薬子や、その兄である参議・藤原仲成らが処罰された。

始皇帝の秦国に薬子の変の根本にあるのは、天皇と上皇という日本特有の2重権力構造です。

この時代、天皇は、天照大神の子孫であることをもって神格化され日本のトップに君臨しています。なので、天皇は他の人に譲位したからといって、ただの人に戻るわけではありません。天照大神の子孫には変わりないのですから。

今も裏天皇説がありますが、日本はこのような構造になっているかもしれません。

源義家

源 義家(みなもと の よしいえ)は、平安時代後期の武将。伊予守・源頼義の長男。八幡太郎(はちまんたろう)の通称でも知られる。後に鎌倉幕府を開いた源頼朝、室町幕府を開いた足利尊氏などの祖先に当たる。

福島県には、八幡太郎の伝説が非常に多いのです。特に有名なのが、二本松市木幡の幡祭りです。木幡の幡祭りは950年の歴史と伝統を誇り、「日本三大旗祭り」の一つとして知られているお祭りです。

八幡宮は八幡神を祀る神社で日本各地にあり、総本社は宇佐神宮である。
中でも令制国の国府近くに創建された八幡宮を、国府八幡宮という。

八幡神(はちまんしん、やはたのかみ、やわたのかみ)は日本独自で信仰される神で、八幡大菩薩(はちまんだいぼさつ)とも言う。
八幡神を祀る神社は八幡神社(八幡社・八幡宮・若宮神社)と呼ばれ、その数は、一万社とも二万社とも言われ、稲荷神社に次ぎ全国二位。
八幡ー、これは「ハチマン」ではなく、当初は「ヤハタ」と読まれていた。
八幡神社は「ハチマン神社」ではなく「ヤハタ神社」だった。
「ヤハタ」のハタは、秦氏のハタでもある。
八幡の「八」は「多くの」という意味をもち、「八幡」とは「多くの秦氏」のことで秦氏すべての氏神だとも云う。また、八坂(ヤサカ)を弥栄(イヤサカ)と云うように、八幡は弥幡(イヤハタ)だとも云う。秦氏は本来は「ハタ」ではなく「ハダ」だった。
「秦の字を訓みて、これを波陀(ハダ)といふ」
イヤハタはイヤハダであり、八幡神はイヤハダ神となる。秦氏がユダヤ人だという仮定がある。
古代ユダヤ人の国は古代ローマ帝国にあった。ローマ帝国は中国では「大秦」と呼ばれ、ローマ帝国から来た者には「秦」、つまりローマからきた人という名が付けられた。
多勢の他国人が集まる中国では、それぞれ自分の出身地が分かるように、名前が付いていたのである。それは日本でも同じだった。

古代の日本列島には、北方・朝鮮半島・江南、あるいは、南洋の島々から、あらゆる民族がやって来た。紀元前には、百余りの国に分かれていると記されていたが、あらゆる人種が出身別に住んでいたのである。
その他国者人同士が交流を持ったとき、どのように名のるのかー。
これは今の日本でも同様であり、××出身の○○と名のるはずだ。当時でもそうだった。

××国から来た○○、と名乗ったはずだ。
ユダヤから来たと自分の言葉で発音する。
ユダヤはヘブライ語で「イエフダー」。
イエス・キリストのアラム語でも「イエフダー」。
これが母音変化した。「イエフダー」が「イヤハダ」に変化したのだ。

つまり八幡とはー、
「イヤハダ」であり「イエフダー」でありー、そしてそれはまさしく「ユダヤ」のことー。
八幡神社とは「イエフダー神社」つまり「ユダヤ神社」。

そして、この「イヤハダ」は地名にもなった。
イヤハダが、イヤハタとなり祖谷端となった。

●八幡神=ヤハウェ
●八幡神=ヤハウェで、その元の原典は同じような内容のもので、神代文字で書かれていた。
●古代ヘブライ語自体が、神代文字のひとつだった可能性がある