アメリカンドリームの終わり ノーム・チョムスキー

「『アメリカンドリームの終わり』格差社会は、いかにして助長されてきたのか」の画像検索結果

「チョムスキー」の画像検索結果

エイヴラム・ノーム・チョムスキーは、アメリカ合衆国の哲学者、言語哲学者、言語学者、認知科学者、論理学者。 彼は50年以上在籍するマサチューセッツ工科大学の言語学および言語哲学の研究所教授 兼名誉教授である。言語学者・教育学者キャロル・チョムスキーは彼の妻である

政府や多国籍企業、金融企業は10の原理に従い、人々を奴隷化しようとします。

原理1:「原理1 民主主義を減らす」

不平等を増やす。国民に自由を与えると好き勝手なことをしかねない。そこで自由を与えないように国民を骨抜きにする。不平等を煽ることで国民は団結心を失う。

原理2:「原理2 若者を教化・洗脳する」若者が大学に行く機会を奪う。高等教育を受けて政府批判などの余計なことを考えさせなくする。

原理3:「原理3 経済の仕組みを再設計する」金融機関がもうけるしくみを作る。多国籍企業がもうけるしくみを作る。労働者を労務費削減競争に参加をさせ、さらなる搾取を行う。

原理4:「原理4 負担は民衆に負わせる」金持ち企業が問題を起こしても、国民の血税で救済するしくみを作る。

原理5:「原理5 連帯と団結への攻撃」公教育や公的医療制度の民営化により貧しい人へのサービスを削減。

原理6:「原理6 企業取締官を操る」政界と財界の天下り(回転ドア)。金融・銀行への優遇。

原理7:「原理7 大統領選挙を操作する」企業の人化、人間の非人化。大統領選挙費用の限度無効化による企業実権の向上。

原理8:「原理8 民衆を家畜化して整列させる」労働組合の排除、迫害

原理9:「原理9 合意を捏造する」マスコミを利用。情報操作、プロパガンダ、宣伝工作。

原理10:「原理10 民衆を孤立させ、周辺化させる」環境問題などの世界的問題への軽視。国民の怒り。

amazon


アメリカンドリームの終わり あるいは、富と権力を集中させる10の原理

楽天


アメリカンドリームの終わり あるいは、富と権力を集中させる10の原理【電子書籍】[ ノーム・チョムスキー ]