イルミナティカードの予言 Ver242 スウェーデンヨーロピアン バケーション 編

スウェーデンは長い間、階級差別のない社会、“スウェーデン型”として諸外国に知られてきた。50年代から70年代まで、スウェーデンは、他の国の人たちから羨望のまなざしで見られてきた。

しかし現在では、スウェーデンは、もはや福祉等に関心を払っている国の筆頭に上げられる国ではない。イルミナティは、スウェーデンをマインドコントロールの実験国家にしてしまったのである。

ソ連はいろいろと弱点を持っていたが、スウェーデンは成功した。スウェーデン政府は、子供たちを“小さな社会民主主義者”に教育した。子供たちは、あらゆる面で面倒を見てくれる“ビッグブラザー”のシステムに、全面的に依存するようになっている。この“スウェーデン型プロジェクト”の担当として任命されたのは、三百人委員会、イルミナティのメンバー、オラフ・パルメだった。

画像検索結果

オロフ・パルメは、スウェーデンの政治家。2期にわたって首相を務めたが、在任中に暗殺された。

やがて、80年代の終わりから90年代の初めにかけて、世界中で経済の崩壊が起こった。スウェーデン国民は、「この素晴らしい国に何が起こったのか、この国がどうなったのか」と不審に思った。誰も何の心配もする必要がなく、政府がすべてにおいて面倒を見てくれるこの国に。多くの人は非常に戸惑い、絶望的になった。イルミナティがスウェーデンに大いに満足していたのは、ソ連とは違って、国民が、自分が奴隷になっていることすら気づいていないシステムを作り出せたからだった。

スウェーデンがメチャクチャにされたのはネットの口封じが決定的だった

もはやオランダやスウェーデンは、もはやオランダ人、スウェーデン人のものではない。
ヘンリー・メイコウ博士によると、現在のヨーロッパにおける移民は、イルミナティの計画「ワン・ワールド人種計画」によって起きている。