小説 映画『1984』(原題:1984/Nineteen Eighty-Four)

小説 映画『1984』(原題:1984/Nineteen Eighty-Four)

「『1984』」の画像検索結果

「『1984』」の画像検索結果
■管理社会批判小説の金字塔

「イングソック」という国の全体主義体制で自我に目覚めた主人公が屈服するまでを描く風刺ドラマ。

1949年に初版が発表されたこの小説は、腹黒い「ビッグブラザー」が市民を監視し、
「二重思考」、つまり矛盾する真実を同時に受け入れるよう強要する物語。

「1984年」の影響はまだまだ続くだろうし年々評価は高くなっている。同じくオーウェルの『動物農場』とともに、Wikipediaでは、「トマ ス・モア『ユートピア』、スウィフト『ガリヴァー旅行記』、ハクスリー『すばらしい新世界』などのディストピア(反ユートピア)小説の系譜を引く作品」と して紹介されている。1998年には、ランダム・ハウス、モダン・ライブラリーが選んだ「英語で書かれた20世紀の小説ベスト100」に選ばれた。 2002年には、ノーベル研究所発表の「史上最高の文学100」に選出された。欧米での評価は高く、思想・文学・音楽など様々な分野に今なお多大な影響を 与え続けている。

特定秘密保護法案が話題となり、このオーウェルの『1984』を取り上げて反対する例が見られます。確かに、『1984』は歴史ではなく、今日的な示唆に富んだ作品です。独裁国家・警察国家においては、情報は統制される。
米国国家安全保障局(NSA)による個人情報収集の手口を告発した元米中央情報局(CIA)元職員エドワード・スノーデン氏による一連の事件、匿名により政府、企業、宗教などに関する機密情報を公開するウェブサイト「ウィーキリークス」によるアメリカ外交公電流出事件等があり米国が情報を統制できないため日本でも特定秘密保護法案を成立させているが、秘密保護を強化すれば、情報漏洩は止めることができるかもしれませんが、インターネットがあるのですべてを抑え込むのは難しい気がします。
とにかく自民党の改憲しても緊急事態条項はドイツのワイマール憲法で暴走したようにこれだけは止めなければならない。可決すれば1984が待っている。

やはりピラミッド!!

楽天


一九八四年新訳版 (ハヤカワepi文庫) [ ジョージ・オーエル ]

amazon


一九八四年[新訳版] (ハヤカワepi文庫)