イルミナティカードの予言 Ver226 ドラキュラ伯爵編

ドラキュラ伯爵

ドラキュラは、イギリス時代のアイルランド人の作家、ブラム・ストーカーの恐怖小説『吸血鬼ドラキュラ』に登場する男性の吸血鬼。日本では「吸血鬼」の意味で誤用される事が多いが、あくまでも小説の登場人物の固有名詞であり、吸血鬼全般をドラキュラと呼ぶのは間違いで、吸血鬼を表す英語はヴァンパイアである。

ハロウィン

ハロウィンは、毎年10月31日に行われる、古代ケルト人が起源と考えられている祭のこと。

もともとは秋の収穫を祝い、悪霊などを追い出す宗教的な意味合いのある行事であったが、現代では特にアメリカ合衆国で民間行事として定着し、祝祭本来の宗教的な意味合いはほとんどなくなっている。

本来は死神と交信する 『ドルイド教の生贄儀式』

ドルイド(ドルイド教の司祭)は「祭壇を捕虜の血で覆い、人間の臓物を通じて神意を伺うことを聖なる義務と見ていた」という。

悪魔に生け贄として捧げる為にドルイド僧が「家庭ごとに最も幼い子供を家の前に縛り付け生け贄に差し出すよう命じた」ものなのです。

特にハロウィーンの20世紀後半の習慣は、アメリカでもAleister Crowleyによって作曲され指揮されているかもしれません。クロウリーは演劇の形で儀式を書いた。俳優たちは、神や女神の性格を引き継いだり、魔術師が召喚しようとしていた悪魔を引き受けたりします。

ハロウィンは、本来約2500年前にアイルランドのケルト( Celt )族がサムハイン( Samhain )と呼ばれる死の神に仕えて死んだ後、人間の魂は、サムハインで救われるという宗教から始まった。ケルト人は、一年に一度、サムハインの神をなだめるために犠牲をささげ、その日が一年の終わりの日である10月31日に行われた。ケルト人は、過酷でかたくなな民族なので、犠牲をささげるときは人々まで焼いて捧げたと伝えられている。そして、その宗教団体は、夜に黒い服と黒のフードをかぶり、トーチを照らして村ごとに訪ねては強制的に処女を生け贄とし、人身犠牲をささげ、町に行っては “処女を捧げるか、死ぬか? “と促して、処女を捧げない村は完全燃焼させてしまったという。

地球の北半球にあるアイルランドは、冬と夏がほとんどだが10月31日は夏の終わりであり、 11月1日は冬の始まりだと言われる。そして夏が終わる10月31日には、様々な幽霊や悪魔と悪霊たちが訪ねてきて生きている人の中に入って、次の年に生まれ変わるとを信じた。だから、ケルト人は、その幽霊と悪霊を欺くために、家の中の火を消し、人が住んでいない家のように飾ったり、動物の皮をかぶったり、または幽霊が逃げるような鬼より怖い衣装や仮面をかぶって、夜には、町内ごとに薪を積んで火をつけていたという。

一方、 4世紀頃、ローマ帝国が世界を掌握したとき、ヨーロッパのほとんどの国がローマの属国となり、ローマ皇帝が政策的にキリスト教を国教化すると属国であった国々が、自分たちの宗教もキリスト教に改宗した。ケルトのサムハイン崇拝風習も人身犠牲を除いて、そのまま、キリスト教の中に入ってきて、このサムハインの儀式も数世紀にわたって全ヨーロッパに広がっていった。悪習が広がっていることを懸念したローマカトリックの教皇グレゴリー4世は西暦840年に、 毎年5月13日に行っていた”諸聖人の日” ( All Hallows Day )を11月1日に変更し、その前日の10月31日には、前夜祭( All Hallows Evening )と定め、ローマカトリックの死者崇拝日となったケルトのサムハインの宗教風習と連携させた。その前夜祭をAll Hallows E’enと表記し、のちにHalloweenに変わった。そしてアイルランドとスコットランドの人々がアメリカに移住し、その風習が大々的にアメリカに広がり始めた。

儀式殺人

座間の9人遺体 容疑者「2カ月間で9人殺害した」

神奈川県座間市のアパートで9人の切断された遺体が見つかった事件

白石容疑者は「私が殺害して証拠隠滅を図ったことに間違いありません」と容疑を認めているという。室内からさらに7人分の頭部が見つかり、遺体は計9人になった。

シリアルキラーとは殺害行為を主目的に行う犯罪者、あるいは単独の連続殺人犯に対して使われる言葉である。和名としては殺人鬼。

フェイクニュースの可能性

またちょっと引っ掛かるのが、少しだけの国会が始まっているのでスピンコントロールしてこちらに大衆をひきつけてるのではないか?ということ。

この時を狙いインターネットは危ないとか言い出している。インターネットには隠された真相があるからだ。ツイッターに制限がかかった。これはもっともなことをいっているが、言論統制の可能性がある。

疑いがあるので調べてみると殺人犯の同僚だったとか同級生という人がいて、そのような人たちのツイッターは不自然なところはない。わかったことはバイセクシャルらしい。SNSの交流で白いロープの写真が送られてきたというのがあったけど、手が女性の手のような感じだった。でも犯人も手の形はきれい。んーんでも何か腑に落ちない。

「白いロープ 座間」の画像検索結果

どうみても女性の手

9人の名前などが公表されていないし、そもそも9人もの死臭に気が付かないことも不思議である。

あと車に三人でなにやら運んでる様子も見られている。臓器売買か?

不動産サイトによると事件があったシーバスハイムは築29年の物件。木造2階建てで家賃は1.9万円 平成26年にも1階で自殺または他殺による事件が発生し破格の家賃だった。座間市緑ケ丘6丁目16-15シーバスハイムから、米軍.座間キャンプまでの距離は、わずか750メートル。 米軍関係は、警察も司法も手出し出来ない、日米地位協定で、日本側に米軍の犯罪を裁く権利が無い、横田基地を通って自由に国境を通過可能なことを利用してなにか行われていないか?

あと思うのが警察の車に乗っているときに顔を隠しているが、精神異常者は顔を隠すだろうか?異常でなかったら異臭のする死体のある部屋で生活することができるのだろうか?ということ。この事件追って注視しておく。

このような事件がハロウィンの時期にでてくる。昨年はこのような感じ。

このような事件がハロウィンの時期にでてくる。昨年はこのような感じ。

悪魔崇拝するからこのようなバイオリズムを作り出しているのかもしれない。
霊的に受けやすい人は渋谷のハロウィンとかいけないらしい。

また神奈川県キャンプ座間ライジングサン・ロッジというメイソンリーロッジがある。

神奈川県座間市と相模原市南区にまたがり、在日アメリカ陸軍司令部(外部通称「リトルペンタゴン」、内部通称「101(ワン・オー・ワン)」が置かれている。おそらく軍隊内フリーメーソンリーが生贄儀式に使った可能性が高い。

9個の頭といえば「NINE HEADED DRAGON」、 即ち、九芒星。万教帰一を唱えるフリーメイソンリーである大本教やバハーイー教も十曜紋や九芒星をシンボルにしている。

「NINE HEADED DRAGON」の画像検索結果