イルミナティカードの予言 Ver183 破壊活動編 

Sabotageとは破壊活動。

破壊活動(はかいかつどう、フランス語: sabotage)とは、生産設備や輸送機械の転覆、障害、混乱や破壊を通して敵、圧制者または雇い主を弱めることを目的とする意図的な行動をさしていう言葉である。サボタージュともいい、日本語の「サボる」という言葉は、この語に由来する。

日本語での「サボタージュ」は、労働争議の手段としての同盟怠業(どうめいたいぎょう)、または単に怠けることを意味することが多い。英語の「sabotage」には怠業の意味はなく、怠業は「slowdown」と呼ばれる。

破壊活動防止法(はかいかつどうぼうしほう、昭和27年法律第240号、英語: Subversive Activities Prevention Act)は、暴力主義的破壊活動を行った団体に対し、規制措置を定めると共に、その活動に関する刑罰規定を補正した日本の法律。

特別刑法の一種。全45条。略称は破防法。

伊勢志摩サミットでテロ対策に注目が集まっていた時、破壊活動防止法も何かと話題に上ってくるようになりました。サリンテロを引き起こしたオウムにさえ適用できなかったというのが実状です。