イルミナティカードの予言 Ver154 赤狩り編 

Red Scareとは赤狩りのことである。

赤狩りとは、政府が国内の共産党員およびそのシンパを、公職を代表とする職などから追放すること。第二次世界大戦後の冷戦を背景に、主にアメリカとその友好国である西側諸国で行われた。

マッカーシズム

「ジョセフ・マッカーシー」の画像検索結果

ジョセフ・レイモンド・“ジョー”・マッカーシー(Joseph Raymond “Joe” McCarthy, 1908年11月15日 – 1957年5月2日)は、アメリカ合衆国の政治家。ウィスコンシン州選出の共和党上院議員(任期:1947年 – 1957年)。 マッカーシーとそのスタッフは、「マッカーシズム」と呼ばれたアメリカ合衆国政府と娯楽産業における共産党員と共産党員と疑われた者への攻撃的非難行動で知られる

マッカーシズムは、第二次世界大戦後の冷戦初期、1948年頃より1950年代前半にかけて行われたアメリカにおける共産党員、および共産党シンパと見られる人々の排除の動きを指す。

マッカーシズム(英: McCarthyism)とは、1950年代にアメリカ合衆国で発生した反共産主義に基づく社会運動、政治的運動。アメリカ合衆国上院議員のジョセフ・マッカーシーによる告発をきっかけとして「共産主義者である」との批判を受けたアメリカ合衆国連邦政府職員、マスメディアやアメリカ映画の関係者などが攻撃された。

しかし、これは赤狩りというよりも、エレノア・ルーズベルトから反対されたことが象徴するように、リベラル狩りというべきものであった。

1953年より上院政府活動委員会常設調査小委員会の委員長を務め、下院の下院非米活動委員会とともに率先して「赤狩り」を進めた共和党右派のジョセフ・マッカーシー上院議員の名を取って名づけられた。マッカーシーに協力した代表的な政治家は、リチャード・ニクソンとロナルド・レーガンであり、後にこの2人を熱烈に支持したのが、新自由主義の経済学者であるミルトン・フリードマンである。

「Red Scare」の画像検索結果