イルミナティカードの予言 Ver146 多国籍石油会社編 

Multinational Oil Companies とは

多国籍石油会社

国際石油資本(こくさいせきゆしほん)または石油メジャーとは、資本力と政治力で石油の探鉱(採掘)・生産・輸送・精製・販売までの全段階を垂直統合で行い、シェアの大部分を寡占する石油系巨大企業複合体の総称。1975年にアンソニー・サンプソンが著した「セブン・シスターズ」で一躍存在が知られることになった。

石油の生産(→アップストリーム)から販売(→ダウンストリーム)まで,世界規模で一貫して操業する大手の石油会社。メジャーズとも呼ぶ。

「国際石油資本」の画像検索結果石油(せきゆ)とは、炭化水素を主成分として、ほかに少量の硫黄・酸素・窒素などさまざまな物質を含む液状の油で、鉱物資源の一種である。地下の油田から採掘後、ガス、水分、異物などを大まかに除去した精製前のものを特に原油(げんゆ)という。

石油化学によって作り出されるもの

プラスチック、合成ゴム、アスファルト、食品関連、化粧品、液化石油ガス、化学繊維、芳香剤、ビニール、薬などありとあらゆるものを作ることができる。

石油利権を得るという事は、世界を支配できるといっても過言ではない。

2012年度の売上高。左から順にウォルマート・ロイヤルダッチ・シェル・エクソンモービル・BP・中国石油化工・中国石油天然気集団(ペトロチャイナ)。

石油メジャーのうち、第二次世界大戦後から1970年代まで、石油の生産をほぼ独占状態に置いた7社は セブン・シスターズ(Seven Sisters)と呼ばれてきた。また、7社にフランス石油(CFP、現TOTAL)を加えて、エイト・メジャーズと言われることもあった。資源ナショナリズムにより石油輸出国機構(OPEC)が主導権を握るまで、世界の石油のほぼ全てを支配していた。

セブン・シスターズのうち、5社がアメリカ資本で、残りの2社が、イギリス資本系のBP(ブリティッシュ・ペトロリアム)と、イギリスとオランダ資本系のロイヤル・ダッチ・シェルである。

また、エクソン、モービル、シェブロンは、ロックフェラーが創業し、1911年に34社に分割されたスタンダード・オイルが母体である。

「Multinational Oil Companies」の画像検索結果

「国際石油資本」の画像検索結果