イルミナティカードの予言 Ver145 ロシア編 

ソ連崩壊後のエリツィン政権時代、ロシアでは資本主義の名のもとに「オリガーキー」と呼ばれるロスチャイルド家(欧州のユダヤ系大資本)の息がかかった特権的新興財閥がいくつも勃興し、国家と国民を脅かすほどまでに力をつけてきた。プーチン政権は、その初期の段階において、まずこれらオリガーキーを国内から締め出し、ロンドンなどへと追いやることに成功した。

ロシアの大手テレビが3時間にわたり、イルミナティ(欧米の軍産複合体や金融マフィア)の『David Wilcock のFinancial Tyranny (金融の独裁者)』というイルミナティの経済的な陰謀の暴露特集番組を放送した。

そしてプーチンはイルミナティに対抗しロスチャイルドに支配されているロシア中央銀行を国有化 した。