イルミナティカードの予言 Ver138 偉大なるピラミッド編 

ピラミッドの座標と光速度の定数が一致

「ピラミッドの座標と光速度の定数が一致」の画像検索結果

ギザの大ピラミッド内、大回廊が位置する中心部の座標は、北緯29度58分45.28秒、すなわち北緯29.9792度。そして、真空中における光の速度の定数は、299,792.458km/sである。ちなみにこの数値は1983年に定義されたもので、マイクロ波やレーザーを使用することにによって測定されたものだ。桁数は違うものの、2つの数字の並びはぴたりと一致する

ギザからのレイライン

有名な古代遺跡の多くが、地球儀上で一直線に並んでいる。

レイライン(ley line)は、古代の遺跡には直線的に並ぶよう建造されたものがあるという仮説のなかで、その遺跡群が描く直線をさす。レイラインが提唱されているケースには古代イギリスの巨石遺跡群などがある。レイラインの存在は1921年にイギリス人のアマチュア考古学者アルフレッド・ワトキンス(en:Alfred Watkins)によって提唱され、その著書『The Old Straight Track』(古い直線路)によって遺跡の直線的配置性が世間一般の注意を引きつけることとなった。

地球儀上に赤道に対し30度の直線を引いたところに、
イースター島からナスカ、ペルーのさまざまな遺跡、マチュピチュを通って、
エジプトのギザまで一直線だそうです。

さらに、メキシコのティオティワカンとギザのピラミッドを結んだ直線の先に
中国の西安のピラミッドがあるそうです。

この二つの直線の交点がギザだそうです。

「ギザ ピラミッド レイライン」の画像検索結果

c8c53dca-s

6f722c86-s