世界最大のハッキングイベント「DEFCON」

「DEFCON」の画像検索結果

DEF CON ( DEFCON、 Defcon、DCとも呼ばれる)は、 ネバダ州 ラスベガスで毎年開催される世界最大のハッカー慣習の1つで、1993年6月に最初のDEF CONが開催されます。DEF CONの出席者の多くは、 セキュリティー専門家、 ジャーナリスト 、 弁護士 、連邦政府の従業員、セキュリティ研究者、学生、 ハッカーに一般的に関心を持つソフトウェア 、 コンピュータアーキテクチャー 、電話機のフリーク 、ハードウェアの改造などがあります。

このイベントは、最長のWi-Fi接続(aircrack-ng)の作成からコンピュータシステムのハッキング、そして最も効果的に冷やすことができるようなものまで、コンピュータやハッキング関連のテーマに関するスピーカートラックや、ソーシャルイベントWargamesやコンテストなどで構成されています

File:Contest area Def Con 24.agr.jpg
DEFCONを初めて開催し、現在でも運営を続けているのは「Dark Tangent(ダーク・タンジェント)」のハッカーネームを名乗っていたジェフ・モス氏。仲間と「ハッカー同士が交流するイベントを開催したい」という話題で盛り上がり、「よし、じゃあラスベガスで開催しよう」ということでDEFCONをスタートさせました。ラスベガスに決めた理由は「飛行機で安く行ける場所だから」だったそうです。

DEF CONは、1993年にJeff Mossによって、彼の友人である同僚のハッカーと、カナダのFidoプロトコルベースのハッキングネットワーク「Platinum Net」のメンバーとの別れパーティーとして設立されました。

彼の父親が米国外で雇用を受け入れたため、彼の友人が米国を離れる数日前にラスベガスのために計画された。 しかし、彼の友人の父親は早く出発して友達を連れて行ったので、ジェフはパーティー全体を計画したままでいた。 ジェフは、ハッカーの友人たち全員を招待してラスベガスに連れて行って、代わりにパーティーを持つことにしました。 遠くからのハッカーの友人たちが集まり、約100人の出席者を持つDEF CONの基盤を築いた。