イルミナティカードの予言 Ver129 トークマスター編 

黒いものでも白に変えてしまう、ディベート力があるものや論理学にたけ「詭弁」つまり道理に合わない、言いくるめの議論。ごまかしの議論がたけているものが御用学者や政府寄りのコメンテーターとしてTVやラジオで活躍している。「政府べったりで金と権勢欲のために人々を苦しめる悪徳学者」である。

米政府→CSIS→自民党→安保法制/日本政治は米国が動かしている

 自民党にはメディア対策費という予算あってテレビ等出るコメンテーターらに金を配ってます。 またネットでは自民党ネットサポーターズクラブが世論を形成している。

国民はマスメディアの情報をダイレクトに飲み込んでしまうから、かなり危険でそのようなところがポピュリズムとして意識を上げる必要がある。