叡知の海 宇宙 ―物質・生命・意識の統合理論をもとめて

「アーヴィン・ラズロ」の画像検索結果

叡知の海 宇宙 ―物質・生命・意識の統合理論をもとめて

チャクラがなんだ、カルマがなんだ、クンダリニー覚醒だ!とかいっても「大丈夫?洗脳されそう、、」と思う方が普通だろう。たぶんクンダリニー覚醒はDOPEな世界すぎてそんな意識だけ宇宙になんかいけるかいな!と怪訝な気持ちになる方もいらっしゃるだろう。認知バイアスがかかっているのできっと「ない、ない」と脳は否定しているだろう。しかしこの宇宙は想像超えるSFよりスリリングな体系になっている。そうなっているということを人に理解してもらいたいし、興味をもってもらいたい。人間はまずその神羅万象生きとし生けるものの理を知るべきである。それが一番の教養である。そしてそれが基盤にこの宇宙は持続可能で幸せな生活を送れるからだ。自分だけよければいいと個人主義な思想がはびこる世の中に、なにか自分は違和感を覚えてならない。それは破滅への道であるからだ。

臨死体験後、色々な本を読んで思ったのだが、論理的なアプローチでも、科学的に思考しても、宗教的に考察しても目指しているものは人類は同じ共通している答えを探しているのではないだろうか?宗教や宇宙や化学は以外に近いところにいると思う。ちなみにここ5年間で1000冊以上目を通している。なのでそんなにおかしいことを言っているつもりはない。

しかし科学者でもフロントラインの科学者とサラリーマン科学者がいてサラリーマン科学者と話していると結構喧嘩になるね。フロントラインな科学者の方が寛容である。サラリーマン科学者は頭がかたい、セオリー通りしか答えを返せない。少しはみ出ると全く理解することができない。これも認知バイアスね。あと想像力で科学を語ってはいけないのだけど、先端は仮説をたててグイグイ進んでいくから思考の詰め方なんだけどね。

ちなみにこの本は頭のかたい人が読んだらトンデモ!とかいうかもしれない。そういう人には薦めない。トンデモと感じるところがあるかもしれないが、そこは自分が臨死体験して異世界に行った経験からしてそうなっているとしか言えないが、そこは信用してほしい。

シュミレーション仮説とか量子論、統一理論とか説明したいんだけど、まだ自分じゃ説明する器量不足なので本を紹介したい。ざっくりでいいのでとりあえずこの辺は押さえてもらいたい。きっとあなたの人生観はパラダイムシフトすること請け合いだ。

量子から銀河まで、無生物から人間まで、万物が示す驚くべき一貫性は何を意味しているのか?という疑問にこの本は答えてくれている。

世界賢人会議「ブダペストクラブ」というシンクタンクがある。それを創設されたアーヴィン・ラズロ博士によって書かれた本がこれである。

ちなみに「ブダペストクラブ」の基本的な理念は、『自分自身を変えることによってのみ、私たちは世界を変えることができる』ということであり、抽象的なChangeを訴えるのではなく、具体的なシフトを起こそうとする団体です。

現代物理学の最先端では、「すべての存在はつながっている」ことが科学的に証明されつつある。それはすなわち、私たち一人ひとりの思いや言葉、行動のすべてが人類全体、地球全体に影響を与えていることを意味する。私たち一人ひとりの意識や行動が世界を形づくっているならば、自分自身を変えることで世界も変えられる。「あなたが世界を変えられる」のだ。こうした意識をラズロ博士は「人類が地球という惑星で持続可能な生存を続けていくために必要な意識」と呼び、「惑星意識」と表現している。ブダペストクラブの主要な使命は、この惑星意識を人びとに伝え、世界を変革していくことにある。

主なメンバーとしては、

    • アーヴィン・ラズロ(ニューヨーク州立大学教授、元ユネスコ顧問)
    • ミハイル・ゴルバチョフ(元ソビエト連邦大統領)
    • ダライ・ラマ(宗教家)
    • ムハマド・ユヌス(グラミン銀行創設者)
    • アーサー・クラーク(小説家)
    • ピーター・ガブリエル(音楽家)

しかしこのブダペストクラブ少し勘ぐるとイルミナティの匂いもする。

Peter Gabriel

ピーター・ガブリエル(音楽家)

でもアーヴィン・ラズロ博士は自分のツボをグイグイ押してくる。

アーヴィン・ラズロ博士が伝えているワンネス。これは自分が臨死体験したときに、頭にテレパシーで語ってきた人が「全ては一つだ」とレクチャーされた素晴らしい教えだ。

アーヴィン・ラズロ博士は、米国、カナダ、フィンランドおよびハンガリーから4つの名誉博士号を授与され、2002年度「五井平和賞」、2005年度「国際平和寺院賞」(アッシジ・
イタリア)を受賞。国際平和大使であり、ノーベル平和賞の候補者としてノミネー
トされていた。

この本は面白い。おすすめする。買って損はない。

AMAZON


叡知の海・宇宙―物質・生命・意識の統合理論をもとめて