陰陽師―安倍晴明の末裔たち

陰陽師―安倍晴明の末裔たち

陰陽師について荒俣宏先生が詳しく書かれている。

「荒俣宏先生」の画像検索結果
陰陽師(おんみょうじ、おんようじ)は、古代日本の律令制下において中務省の陰陽寮に属した官職の1つで、陰陽五行思想に基づいた陰陽道によって占筮(せんぜい)及び地相などを職掌とする方技(技術系の官人。技官)として配置された者を指すが、それら官人が後には本来の律令規定を超えて占術など方術や、祭祀を司るようになったために陰陽寮に属する者全てを指すようになり、更には中世以降の民間において個人的に占術等を行う非官人の者をも指すようになり、声聞師と重ねられることもあって「声聞師」と呼ばれる場合もあった。中・近世においては民間で私的祈祷や占術を行う者を称し、中には神職の一種のように見られる者も存在する。

「安倍晴明神社」の画像検索結果

晴明神社は、京都市上京区にある神社である。安倍晴明を祀る。一条戻橋のたもとにあった晴明の屋敷跡に鎮座する。全国各地に同名の神社が存在する。旧社格は村社

「安倍晴明神社」の画像検索結果

いわゆる、公務員魔法使いといったところだろう。カンバラは自分はカバラだと思う。この本にはそういったことは書かれていないが、カバラの本を読んでからこれを読むとさらにおもしろく読めるのではないだろうか。また陰陽師は明治の初期まで、土御門家が陰陽師の免許状を与えていましたが、明治政府が陰陽寮を廃止して以来、日本にはもう陰陽師を名乗れる存在はいないのです。と今ではいないとされているが、宮家のまわりにはまだ自分は凄い陰陽師がいると確信している。

AMAZON


陰陽師―安倍晴明の末裔たち (集英社新書)