イルミナティカードの予言 Ver80  人工削減計画編

2065年の日本の人口推計 8800万人まで減少

少子高齢化社会の日本の人口は48年後の2065年には、およそ8800万人にまで減少する一方、高齢者の割合は4割近くに上昇するという推計を国の研究所が発表。

これになんら手立てを打たないのはなぜだと思いますか?不思議だと思いませんか?それにはこの計画があるからです。人工削減計画。

人口が増えて食料危機がおこるといいますが、世界的食糧再配分があれば何の問題もないのです。なぜそうならないか。利権を握りしめている人間が存在するからです。

ちなみに食料を分け与えれば、世界の全人口飢える人はいないのです。それだけの生産高があるにもかかわらず。

人口74億人を5億人に人口削減計画がある

「ジョージアガイドストーン」の画像検索結果

人工削減させようと目論んでいるものがいる。まずはジョージアガイドストーンについて説明する。ジョージアガイドストーンとは1980年にアメリカ合衆国ジョージア州エルバート郡に建てられ「10のガイドライン」が8つの言語(英語、スペイン語、スワヒリ語、ヒンディー語、ヘブライ語、アラビア語、中国語、ロシア語)で花崗岩に書かれている。

  1. 大自然と永遠に共存し、人類は5億人以下を維持する
  2. 健康性と多様性の向上で、再産を知性のうちに導く
  3. 新しい生きた言葉で人類を団結させる
  4. 熱情・信仰・伝統・そして万物を、沈着なる理性で統制する
  5. 公正な法律と正義の法廷で、人々と国家を保護する
  6. 外部との紛争は世界法廷が解決するよう、総ての国家を内部から規定する
  7. 狭量な法律や無駄な役人を廃す
  8. 社会的義務で個人的権利の平衡をとる
  9. 無限の調和を求める真・美・愛を賛える
  10. 地球の癌にならない – 自然の為の余地を残すこと – 自然の為の余地を残すこと

アジェンダ21

アジェンダ21(Agenda 21)とは、1992年6月にブラジルのリオ・デ・ジャネイロ市で開催された地球サミット(環境と開発に関する国際連合会議)で採択された21世紀に向け持続可能な開発を実現するために各国および関係国際機関が実行すべき行動計画。

「Agenda 21 ILLUMINATI」の画像検索結果

「Agenda 21 ILLUMINATI」の画像検索結果

▼大幅な人口削減
▼国家主権の崩壊
▼財産の平等化(没収)
▼私有財産の禁止
▼政府による子どもの養育
▼政府による職業供与
▼行動の規制
▼居住の限定
▼教育の低下……。

関連画像

▼食糧・飲用水への不妊剤の混入
▼投薬による大規模な不妊化
▼強制的な妊娠中絶
▼政府よる新生児の没収
▼妊娠を防ぐ体内インプラントの埋め込み

NSSM200(米国国家安全保障研究メモランダム200)

「世界の人口は半分に減らす必要がある」ヘンリー・キッシンジャー

この文書は、米国が、世界の人口増加を抑制し、管理し、規制することを公式の国家の政策としたことを示している。

世界計画はすべてここで作られているといわれるビルダーバーグ会議の第1回目に出席してい強者ヘンリーキッシンジャーが作成している。

食料で人口削減

アメリカの元農務長官アール・バッツが「日本国を脅迫するのなら、食料輸出を止めればよい」と言った。

種子法廃止と水民営化で飲食料を多国籍企業にのっとられ、生命財産を奪われることになるのですが、どんどん法案を推し進めています。経済的食糧危機で人口を削減を狙っている。

また食品添加物で病気になっていきます。病気はたまたまなるものではありません。食べるものは生命の基本にもかかわらず、気にせず食べています、当然病を招くことになるでしょう。

薬で人口削減

ビル・ゲイツのポリオ・ワクチン
インドの48,000人の子供が麻痺状態に

「Agenda 21 ILLUMINATI」の画像検索結果