ナチス ヘルマン・ゲーリングの国民をコントロールする名言

ヘルマン・ヴィルヘルム・ゲーリング(Hermann Wilhelm Göring)はナチス・ドイツの空軍総司令官や国家元帥等を務めた人物でドイツ軍の最高位「帝国元帥」等を務めた。IQ138、ナチス政権のナンバー2。戦後は戦犯として捕えられ、ドイツ敗戦後ニュルンベルク裁判で死刑を宣告後、執行前に収容先の独房で青酸カリで自殺を遂げた。

「ヘルマン・ゲーリング オカルト」の画像検索結果no title

国民をコントロールする名言

一般市民は戦争を望んでいない。貧しい農民にとって、戦争から得られる最善の結果といえば、自分の農場に五体満足で戻ることなのだから、わざわざ自分の命を危険に晒したいと考えるはずがない。
当然、普通の市民は戦争が嫌いだ。
ロシア人だろうと、イギリス人だろうと、アメリカ人だろうと、その点についてはドイツ人だろうと同じだ。それはわかっている。しかし、結局、政策を決定するのは国の指導者達であり、国民をそれに巻き込むのは、民主主義だろうと、ファシスト的独裁制だろうと、議会制だろうと共産主義的独裁制だろうと、常に簡単なことだ。

意見を言おうと言うまいと、

国民は常に指導者たちの意のままになるものだ。

簡単なことだ。

自分達が外国から攻撃されている

と説明するだけでいい。

そして、平和主義者については、

彼らは愛国心がなく

国家を危険に晒す人々だと

公然と非難すればいいだけのことだ。

この方法はどの国でも同じように通用するものだ。

おすすめリンク

アドルフヒトラーの予言『超人(ユーベルメンシュ)』とは