イルミナティカードの予言 Ver72 人喰いバクテリア編

「人喰いバクテリア」劇症型溶連菌

「人食いバクテリア」の画像検索結果

ビブリオ・バルニフィカス菌

最初に確認されたのは1987年の米国である。日本における初の症例は1992年である。

壊死の速度は1時間に約2~3cmの速さで細胞を組織破壊し発症から24時間で死に至る事象も発生している。致死率は3割。経口感染する場合もあります。「劇症型溶血性レンサ球菌感染症」初期症状としては四肢の疼痛、全身のハレ、発熱、下痢、血圧低下など

国立感染症研究所によるとこの病気は増加傾向にある。

生物兵器の可能性という疑念をもって語ると、

アメリカは、2009年にエボラ関連の特許を取得しているし、CDC(アメリカ疾病予防管理センター)は、エボラウイルス株を保有している。そしてSARSの研究もしている。生物学博士のSergei Kolesnikovが「SARSは違う種類の菌の混合したものだ、こんなものは自然界では見つからない、ラボにしか出来ないものだ」と言及している。

エイズは、HIVとよばれるウィルスの免疫不全になる病気だが 、アメリカ国防総省(ペンタゴン)の陸軍生物化学戦研究センタで遺伝子操作で ビスナウイルスとHTLV-1を組み換えたものであると語られている。自然発生的にはありえないらしい。

モンタニエ博士は
「2つのウィルスのゲノム構造の違いがあまりにも大きいため、
自然現象としての進化はありえない」