イルミナティカードの予言 Ver70 高度情報網 編

infobahn(インフォバーン)とは情報ハイウエー、高度情報網。光ファイバーネットワーク。

高度情報通信社会の構築つまりスマートシティという計画があるがそれは、IoT技術を使って基礎インフラの構築を先進国は各国目指している。

このネット社会がさらに進むと比例して上がってくるのが、国民の監視化、管理化、奴隷化がますます進むことでしょう。世界中で誰がどこにいて、何を買って、誰と会って、何を食べて、すべて把握されるのです。ビッグデータのアナリスト解析が進めば、経済や利便性は向上しますが、あなたの行動や思想を誘導されやすくなるのです。利便性の裏側にはこのような事があるので意識しておきましょう。

そのうち国民をさらに監視が始まるとあなたはお酒を飲みすぎなので、買えない。食べ過ぎだから買えない。国に楯突いたから買えないなど購入制限をされる可能性もあります。人体にチップを入れたら完全にここまで行くでしょう。今現在、RFIDチップを人体に入れるマイクロチップ・インプラントは施術に200ユーロで行っている。

さらに恐ろしいことに、ワイオミング工科大学の研究で検査対象者の体内にFRIDがあるかどうかを調べるためにアメリカ各地から異なるライフスタイルを持つ2955人を対象に検査を実施した。被験者の服を脱がせた後に全身スキャンを行いました。アメリカ人の3人に1人が知らない間にFRID(無線IDチップ)を体内に埋め込まれていた。