イルミナティカードの予言 Ver66 隠し都市編

Hidden cityとは隠し都市である。

モルモン教会の隠された都市

花崗岩山地を内部へ向かって600フィート(約180m)発掘して建てられたモルモン教会の記録施設は、1965年にアメリカのユタ州ソルトレイクに完成しました。地下にミリタリー・グレード(米軍使用に耐える水準)の地下掩蔽壕を建設する計画を立てています。

中には巨大な金庫が収められており、最先端技術で環境制御された文書保管室と管理事務所、マイクロフィルムの修復研究室などがあるそうです。なお、訪問者が入り口のトンネルへ入る場合には、武装した警備員が金属探知機を振って案内し、重厚な金属ゲートを開いて入っていくとのこと。

巨大核シェルターのアイアンマウンテン

グループはアイアンマウンテン(Iron Mountain)、ニューヨークのハドソンの近郊の巨大な地下核シェルター会社で会合した。 そこには、CFRシンクタンクのハドソン研究所[The Hudson Institute]があった。 地下の防空壕は、エクソン・モービル、ロイヤル・ダッチ/シェルとJPモーガン・チェースのために核攻撃を受けた場合の予備オフィスが設置されている。 グループの議事録の複写、アイアンマウンテン報告書として知られているレポートは、その参加者から漏らされ、Dial Press社によって1967年に発表された。

デンバー国際空港の地下都市(コロラド)

スワスチカとは、 卍・ハーケンクロイツとしても知られる文様の一種だがデンバー空港の上から見ると鍵十字である。

逆卍は生命の象徴である卍を反転させたもので、破壊の象徴とされています。

ガーゴイル像

アヌビス像

上海この石板は、空港ビル内の「グレート・ホール」という場所に設置されています

「new world airport commission」の画像検索結果

レイブン・ロックマウンテン・コンプレックス(ペンシルベニア/メリーランド)第三次世界大戦のシェルター

“サイトR”とも呼ばれるレイブン・ロック代替司令部は、第三次世界大戦が勃発した際に米軍の司令部として機能する。シャイア・マウンテン空軍基地と同様、核攻撃があっても30日間は機能できるように設計されている。噂では10kmに伸びるトンネルでキャンプ・デービッドと繋がっているらしい。また、サイトR付近では携帯電話やGPSが使えないことも特筆すべきことだろう。通信妨害の存在が推察されるのだ。

複数階の建物で構成される地下施設に、病院やスナックバー、理髪店、
はてはスターバックスまで、必要とするすべてのものが含まれている。

天変地異とか(RRcomplex)image

天変地異とか(RR詳細)image

シャイアン・マウンテン(コロラド)

アメリカ空軍の基地の一つ。コロラド州コロラドスプリングス近郊にあり、冷戦期には北アメリカ航空宇宙防衛司令部の地下司令部が所在した場所として知られていた。2006年以降は待機保管状態にある。

核シェルターとして内部での生活が可能であり、食堂、医療施設、運動施設、売店などもある。非常用発電機も装備し、化学兵器や生物兵器、放射能については除去される換気システムがある。

花崗岩質の地下2000フィートに位置する。
もともと1.7マイルの距離での5メガトン核爆発に耐えるように設計された。
コロラド州において最も安全とされている

天変地異とか(シャイアンマウンテン)image

マウント・ウェザー(バージニア)連邦緊急事態管理庁

もともとは民間のコマンド・バンカーだが、
現在は米連邦緊急事態管理局(FEMA)の指令センターとしても使用されている。

このセンターには、風水害や地震、テロ など、アメリカで起きるあらゆる緊急事態に備えるための施設が置かれている

マウント・ウェザーでは米ソ間の冷戦が 本格化した1950年代から地下施設の建設が始まり、数千人の人員が地下で生活して「核の終末」後のアメリカ政府の業務をこなせるよう、居住区や事務所区域、地下発電所、病院、火葬場まで備えた巨大な施設が完成していることが明らかになった。

もしFEMAが緊急警報アナウンスをするような場合、この施設から発信される可能性が高いとされる。当然のことながら、地下バンカーは要塞化されている。

天変地異とか(mountweather)image

天変地異とか(マウンテンウェザー)image