イルミナティカードの予言㊹魔女編

WITCHとは魔女の事だ。

ジェラルド・ガードナー

(Gerald Gardner, 1884年6月13日-1964年2月12日)は、

イギリス(イングランド)のオカルティスト、著述家、東方聖堂騎士団(OTO)の幹部。

ウイッカ、魔女宗の事実上の創始者である。

ウイッチクラフト(魔女宗・魔女術)を体系化した.

晩年のクロウリーの協力も得つつ独自の魔術体系を構築「影の書」を創作した。ジェラルド・ガードナーは「近代魔女術 の父」とも呼ばれる。

アレイスター・クロウリーAleister Crowley 1875年10月12日 – 1947年12月1日)

イギリス(イングランド)のオカルティスト、儀式魔術師、著述家、登山家。

『法の書』を執筆した。

まさに近代魔術は、近現代における隠秘学ないし秘教の一分野である。本項では、さまざまな西洋秘教伝統(英語版) (Western mystery tradition) の中でも特に、黄金の夜明け団に代表される、19世紀末から20世紀にかけての英語圏の儀式魔術(英語版) (Ritual magic) 復興運動や関連する周辺分野について扱う。

文化人類学では広義の呪術について呪術 (magic)、邪術 (sorcery)、妖術 (witchcraft) といった分類がなされるが、それとは別に、現代の英米の実践家の間では魔術 (magic) と妖術 (sorcery) と魔女術 (witchcraft) はある程度区別される用語となっている。

イギリスでは魔法使いをウィッチと呼び、語源のラテン語には悪行を指す言葉であり、古代ローマでは、魔術を使うものは処罰の対象となった。呪術を使わない魔女は白魔女と呼び、占いや心霊的な治療などを行う。だが教会関係者は白魔女も魔女も裁判の対象とされた。

悪魔との契約によって人智を超えたパワーを手に入れ、デーモンとの性的行為によって魔女はさらに力を習得する。

また男性の魔女も存在し、魔女裁判を受けた男性の記録もある。