【錬金術】アイザック・ニュートンのオカルト研究

アイザック・ニュートンIsaac Newton) 1643年1月4日 – 1727年3月31日

イングランドの物理学者、数学者、自然哲学者。ニュートン力学(万有引力の法則)の確立や微積分法の発見された凄い偉人であるが、なんとオカルト研究「神学」や「錬金術」にも没頭していた。経済学者ジョン・メイナード・ケインズはニュートンを「最後の魔術師」と呼んだ。

ニュートンが錬金術師として、賢者の石とエリクシルの発見であった。

錬金術ヘレニズム期にギリシアの思弁が付加されて成立したと想定され,伝説上の始祖はヘルメス・トリスメギストス。トト神ともヘルメスは同一視されている。

賢者の石とは、中世ヨーロッパの錬金術師が、鉛などの卑金属を金に変える際の触媒となると考えた霊薬である。癒すことのできない病や傷をも瞬く間に治す神の物質とされる。無数の名前を持ちは、形状についても諸説ある。錬金術師の至上命題は、この石の製造とそれによる金の錬成であった。史実上ではフラメルやパラケルスス、サンジェルマン伯爵が錬成に成功したという。エリクシルも液体状で同一の効果。

ニュートンの時代、錬金術の実験の一部は禁止されていた。イギリス王家も、賢者の石が発見された場合、金の価値の暴落を恐れており、錬金術への罰則は厳しかった。不許可の錬金術研究への罰としては、装飾された絞首台での絞首刑などが執行された

2003年の2月から3月にかけて、多くのメディアが確かにニュートンによって書かれた無名・未発表の文書に注目した。この文書で、ニュートンは少なくとも2060年までは世界は滅びないと予測していたのである