イルミナティカードの予言㊵弱い繋がり編

THE WEAK LINK
(連結の弱い部分、「弱点」「弱み」「つけいる隙」)

このカードは人間と人間の弱い繋がり、希薄な部分を表したカード。仲間の繋がりがネットなどによってどんどん希薄になっていく時代になっていっています。がしかし米国の社会学者マーク・グラノヴェッターが「弱い紐帯の強み」理論という社会的ネットワークに関する仮説があります。それは新規性の高い価値ある情報は、自分の家族や親友、職場の仲間といった社会的つながりが強い人々(強い紐帯)よりも、知り合いの知り合いなどの社会的つながりが弱い人々(弱い紐帯)からもたらされる可能性が高いといいます。

なので希薄な世の中かもしれないが意外に情報は集約していくことだろう。そこで何を考え何を行動を起こすかが大切である。

右下のccのボタンからJAを押すと和訳が出ます。