イルミナティカードの予言㉙ミステリーサークル編

日本ではミステリーサークルというが、アメリカではクロップサークルという。田畑に目を離したときに、いつの間にか奇妙なサークルが作られている。クロップサークルは年々複雑性をましてきているようなのだ。そもそもいつぐらいからクロップサークルがあるのか?太古の昔からあったかもしれないが、自分が調べた中では1678年に出版された「草刈デビル」の図というのがある。

簡単なサークルは人間のいたずらと思われるかもしれませんが、いたずらと思えないような、というか植物の茎の曲がり方が膨張して曲がっている。とても人間ではないだろうし、もはや説明のつかないような事象もある。

サークルの中の点はアスキーコードとして解読が試みられている。

謎のメッセージ「J 192」