シンギュラリティは近い―人類が生命を超越するとき

これから人間の向かう世界、望もうが望まないがハイブリットな人類、コンピューターと人間の混合ポストヒューマンな時代は確実に到来することだろう。そう人間の知能を遥かに超えたテクノロジーを人体に埋め込んでいこうぜ!というような”特異点論者”は時代と共に増えていく事でしょう。

また環境もコンピューター化してIOTがさらに進むことでしょう。アマゾンエコーは声がインターフェイスのマシーンで外国ではすでに発売されています。「アレクサ車のエンジンかけといて!」というと車のエンジンがかかるという。「アレクサ音楽かけて!」と命令すれば音楽が!一体ハイテクな環境はどこまでいくのでしょうか?

現在の未来予測としてシンギュラリティというのがレイ・カーツワイルによって語られている。シンギュラリティとは技術的特異点である。人間と機械が統合された文明によって超越する」ポストヒューマンの誕生の瞬間を予測している。

2029年頃に汎用性のある人工知能が生まれるか、人間よりも人工知能が追い抜いていくだろうと予測している。そもそもムーアの法則というものがあって、インテルのゴードン・ムーアが、コンピューターの集積回路のトランジスタの集積密度は、18~24か月ごとに倍になっていくというものだ。現在までその法則のまま来ている。

その頃はナノボット(ナノサイズのロボット)で体内のあらゆる病気を治してくれるだろう。

またIBMのワトソンという人工知能は病気をみつけたり、クイズを解いている。正確にはまだ人工知能と呼べるものではないらしいが、、。

2045年頃には、10ペタFLOPSの人間の脳の100億倍になり、人類はポストヒューマンとして進化するだろう。人間の脳内をコピーしてコンピューターに移植するだろう。知識やテクノロジーは指数関数的に増大していくことでしょう。

そして僕らが認識する人間という生命はいなくなるだろう。

また、オーストラリアの人工知能学者、「マッド・サイエンティスト」ヒューゴ・デ・ガリスという研究者がいます。人工知能は指数関数的に発展し、シンギュラリティが21世紀の後半に来ると予測しています。その時、人工知能は人間の知能の1兆の1兆倍になると主張しています。

トランセンデンス

世界初の人工知能PINN(ピン)を研究開発する量子コンピュータ科学者のウィル・キャスター(ジョニー・デップ)とその妻エヴリン(レベッカ・ホール)は、コンピューターが人間の能力を超えた世界を構築する為に、技術的特異点(Singularity)への到達を目標に、感知コンピューティングを開発していた。しかしそのさなか、ウィルは反テクノロジーを唱える過激派テロ組織RIFT(リフト)の凶弾に倒れてしまう。エヴリンは夫を救うべく、死の際にあったウィルの意識をPINNにアップロードする。彼女の手により人工知能としてよみがえったウィルは、軍事機密から金融、経済、果ては個人情報にいたるまで、ありとあらゆる情報を取り込み、驚異の進化を始める。ウィルとエヴリンは荒野の小さな町に巨大な地下施設を建造し、身を潜めながら様々な研究を続けた。


楽天で出品しているものでこれが一番最安値

楽天 >シンギュラリティは近い人類が生命を超越するとき【電子書籍】[ レイ・カーツワイル ]

価格:2,365円
(2017/2/22 17:35時点)
感想(0件)

AMAZONで出品しているものでこれが一番最安値


AMAZON シンギュラリティは近い―人類が生命を超越するとき

AMAZONで出品しているものでこれが一番最安値


トランセンデンス Blu-ray

楽天で出品しているものでこれが一番最安値


トランセンデンス【Blu-ray】 [ ジョニー・デップ ]