イルミナティカードの予言㉗イライザ編

ELIZAは初期の自然言語処理プログラムで対話型であって、質問を理解して会話をしているわけではない。台本的なかたちで応答を処理している。この様な形では「DOCTOR」というケアするプログラムがある。人間の思考や感情について何の情報もないが、人間と会話しているようだった。1964年~1966年にMITのジョセフ・ワイゼンバウムがELIZAを書き上げた。これが人工無脳の起源。

それから進化し、現在の未来予測としてシンギュラリティというのがレイ・カーツワイルによって語られている。シンギュラリティとは技術的特異点である。人間と機械が統合された文明によって超越する」ポストヒューマンの誕生の瞬間を予測している。

2029年頃に汎用性のある人工知能が生まれるか、人間よりも人工知能が追い抜いていくだろうと予測している。そもそもムーアの法則というものがあって、インテルのゴードン・ムーアが、コンピューターの集積回路のトランジスタの集積密度は、18~24か月ごとに倍になっていくというものだ。現在までその法則のまま来ている。

またIBMのワトソンという人工知能は病気をみつけたり、クイズを解いている。正確にはまだ人工知能と呼べるものではないらしいが、、。

2045年頃には、10ペタFLOPSの人間の脳の100億倍になり、人類はポストヒューマンとして進化するだろう。僕らが認識する人間という生命はいなくなるだろう。

エクスマキナという映画を見たことがあるだろうか、AIを積んだロボットのお話。内容はふせておくが必ずこの時代はやってくる。この映画のラストは今から考えておかないといけない人類へのテーゼである。

こちらの本がおすすめ シンギュラリティは近い―人類が生命を超越するとき

>ELIZA tee/メンズ 大きいサイズ レディース ユニセックス ストリート Tシャツ イルミナティ イルミナティカード 陰謀 イライザ eliza tee tシャツ 6

価格:2,139円
(2017/2/22 16:43時点)
感想(0件)

>[Blu-ray] エクス・マキナ ブルーレイ+DVDセット

価格:3,266円
(2017/2/22 16:48時点)
感想(0件)