イルミナティカードの予言㉑精神科医編

精神科医というカード。心の病というものは人間だれしもあるものだ。自分の周りで心の病になって抗うつ剤など薬を服用しているひとは、凄い量の薬をいつも持ち歩いている。そして良くなって完治したという人は見たことがない。薬をやめたら治ったという方は見かけるが、。

自分は心の病は、睡眠、食事、マインドフルネス(瞑想)である程度は安定できるし、病気をしないというプラシーボ効果かもしれないが、これを気を付けるとすこぶる調子がいい。そしてたまにファステイングして体をリセットするのもいいかもしれない。現代人は時間がないので難しいかもしれないが、そこを気を使うだけで、生産力も健康も得れるだろう。

精神科医が使うDSM「精神障害の統計と診断のマニュアル」に医学的根拠がないという話がささやかれています。製薬会社と精神科医の巨大利権構造システムがあるのかもしれません。薬を服用するかしないかは、ちゃんとメリットデメリットを調べたうえで服用するよう選択しましょう。