イルミナティカードの予言⑪満月編

イルミナティカードの予言⑪満月編

満月の日は地球上のバイオリズムに影響を及ぼす、例えば巨大地震は満月と新月の日に起きやすい。とか亀とか牡蠣とか珊瑚は一斉に満月の時に産卵する。人も出生率が高く、新月の時は低い。反対に亡くなるときは満潮時の死亡率は高い。生理のサイクルと月の公転周期がおなじサイクルなので月経と呼ぶ。そして事件や事故が増加する。満月の時は株価が上がり、新月の時は株価が下がる。

満月は、月の引力が強くなると言われ、地球の海面に影響を与え満ち干を作り、人の血液や体液も引力で神経が活性化すると言われる。

アーノルド・リーパー博士が月と人間の関係性を提唱したものがバイオタイド理論(biological tides theory)である。因果性は確定してはいないが、統計上みれば明らかである。

満月の日に人間から変身する狼男は現実にもいる。ニューヨークの連続殺人者デビッド・バーコウィッツやジャック・ザ・リッパー、ボストン市民たちを恐怖に陥れた「ボストン絞殺魔」など、歴史的事件の発生日は全て満月である。

そのサイクルにあわせてイルミナティはいろいろ計画をたてているのかもしれない。

オススメの本 月の魔力 アーノルド・リーバー